贈与で損をしないために!暦年贈与のコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

贈与税5

贈与税を何とか抑えたい!

そんな人達に人気な制度が暦年贈与です。

暦年贈与では年間を通して110万円までの贈与が非課税となりますが、ときどき勘違いをしていて贈与税を支払う羽目になっている人がいます^^;

今回は、そんな暦年贈与について意外と勘違いしやすい点や暦年贈与を上手に利用するコツを紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク

勘違いしてない?暦年贈与の盲点

暦年贈与を利用すれば、年間110万円までの贈与が非課税になる。これはその通りです、間違っていません。では一体何を勘違いしやすいのでしょうか?

主な例を以下にまとめてみました。

・父と祖父から110万円ずつ受け取った、110万円までなら非課税だよね!

A:「贈与を受ける人」が、年間で合計110万円までが非課税です。つまりこの場合、父と祖父合計で110万円ならセーフです。

・孫のために毎年50万円ずつ贈与しよう。孫が成人するまでに1,000万円は贈与できるな。

A:一見問題ないように見えますが、「毎年」「一定の金額を」「長期的に」贈与している場合には、最初から○○円贈与するつもりだったのでは?とみなされてしまうことがあります(_)そんなことにならないよう、毎年「贈与契約書」を作成しておき、一年ごとに贈与の意志があったという証拠を残しておきましょう。また、110万円より少し多めに贈与して少額の贈与税を払うのも手です。

 

・貯金のつもりで子供名義の口座に110万円ずつ預金していこう。困ったときには自分も使えるから便利!

A:子供名義の口座に入金するのは当たり前ですが、その場合は登録印も子供専用の物で登録しましょう。親がちょこちょこ引き出しているものは贈与とはみなされないことが多いです^^;

 ・110万円までなら非課税のはずなのに相続時に相続税が高くなった!

A:相続が開始した日から過去3年以内の贈与については相続税の計算に上乗せされます。これを生前贈与加算というのですが、これを避けるためには住宅購入資金の贈与税控除を始めとする各種特例を申請する必要があります。ちなみに控除できる贈与の種類は決まっています。

別記事で詳しく書いているので宜しければそちらも参考にしてください^^
 贈与税で損をしない相続時精算課税制度について>

暦年贈与のコツ

年間110万円までの贈与が非課税になるわけですから、これを利用しない手はありません。上の例にもあったように、贈与契約書を作成したり、生前贈与加算にならぬよう他の控除と併用したり、上手に活用していって下さいね^^

読んでおくと予備知識が付きますよ^^↓↓

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》