うなぎのカロリーは高い?白焼き・蒲焼徹底調査(`・ω・´)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

うなぎのカロリーは高い?実際に調べてみた

スタミナをつけたい時や夏バテなどに効くとも言われていますが、心配なのはカロリーが高いと考えられているところです。

そんなうなぎの実際のカロリーやどのくらい高いのかなど調べてみました。うなぎ好きさんも、そうでない人も参考にしてみてくださいね(´∇`)

スポンサーリンク

調理法で変わる?うなぎのカロリー

うなぎのカロリーは高い?実際に調べてみた

うなぎはカロリーが高いというイメージが強いですが
うなぎ単体で考えると、そう高いものではありません

生のうなぎであれば100グラムあたり255キロカロリーです。
しかし生で食べる人はいませんので、調理法でカロリーは変わってきます。

うなぎと言えば蒲焼きが有名ですね。
うなぎを蒲焼きにするとカロリーは1匹で約500キロカロリーです。

実際は半分で出てくることが多いので半分の250キロカロリーと考えます。
うな重となればご飯のカロリー約400キロカロリーが追加されて合計650キロカロリーです。

ほとんどがご飯のカロリーですね。
それでもどんぶりの中でもカロリーが低いと言われるネギトロ丼と同じくらいです。

うなぎのカロリーを気にするのであれば、ご飯の量を調節するのが良いでしょう。

うな重と一緒に出てくる肝のお吸い物ですが
これはカロリーが少ない上に鉄分豊富なので出来るだけいただくようにしましょう。

蒲焼きより白焼きの方が高カロリー?

うなぎの蒲焼きは甘いタレに付けて焼くので
そのタレの分だけカロリーが上がるものと考えますよね。

しかし何もつけずに焼く、うなぎの白焼きの方が
実はカロリーが高いって知っていましたか?

蒲焼き100グラムなら293キロカロリーですが、白焼きになると100グラム331キロカロリーです。タレをつけない分、カロリーは低いはずなのにどういうことなのでしょうか。

これはうなぎを火にかける時間の差です。
蒲焼きは白焼きの状態から更にタレをつけて焼くことによってうなぎの脂が落ちます。

その手前の状態である白焼きは脂の落ちる量が少なくカロリーが高いのです。
白焼きだからカロリーオフという考え方は、ここでは通用しないんです。

うなぎの栄養素

うなぎのカロリーは高い?実際に調べてみた

うなぎのカロリーはそれほど高くないのが分かったところで
うなぎに含まれる栄養素をみていきましょう。

うなぎは昔から滋養強壮に役立てられてきました。
特にうなぎに多く含まれているビタミンAは胃腸病や風邪を予防する働きがあります。

他にもビタミンB1で疲労回復ビタミンB2は細胞の活性化
ビタミンDはカルシウムの吸収を20倍にして骨粗しょう症などを防ぎます。

まさに「マルチビタミン」と呼べるビタミンの宝庫なのです。

更にコラーゲンも含まれているので肌にハリを与えてくれることから
女性にも嬉しい食べ物ですよね!

うなぎの食べ過ぎは良くない?

栄養価が高いからと言って、食べ過ぎは逆によくありません。

食べ過ぎと言ってもいきなり3食をうな丼にするくらいなので
お金もかかりますから、そうは起こらないとは思います。

うなぎは栄養素が高い反面
高タンパクやコレステロール値が上がってしまう原因になります。

たまに食べるくらいがちょうどいいんですね。
また、ビタミンが豊富なのですが「ビタミンC」だけは含まれていません。

うなぎを食べる時はビタミンCを含んだ野菜などと一緒に食べると更に良い効果が期待できます。

いかがでしたか?
うなぎはカロリーが高そうに見えますが、実際は低カロリーで栄養素が多いことが分かりました。うなぎを食べて暑い夏を乗り切りましょうね(´∇`)

便利で美味しいウナギ屋さんです♡↓↓

うなぎのカロリーは高い?まとめ

・うなぎ自体のカロリーはそれほど高くないので一緒に食べるご飯の量を気を付けること

・うなぎの蒲焼きよりも白焼きの方がカロリーが高いことを覚えておきましょう

・うなぎはマルチビタミンと呼ばれるほど、ビタミンが多く含まれています

・高タンパク、高コレステロールになりやすいので食べ過ぎには注意しましょう

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》