ちらし寿司とおかずでおもてなしならコレ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ちらし寿司とおかずで、素敵なおもてなしのススメ☆
簡単で美味しいおもてなしメニューの定番といえば、

『ちらし寿司』。

でもおもてなしするには、
単品ではちょっと物足りないですよね。

そこでちらし寿司と相性ばっちりの、
おもてなし料理をご紹介します^^

ちらし寿司をメインに献立を考えよう♪

メニューを考えるときに、
まず考えたいのが全体のバランス。

いくらみんなが好きだからといって、
ちらし寿司に焼肉に白米にすき焼きに・・・。

なんかちょっと違いますよね^^;

献立を考えるときは紙に、

・前菜・サラダ
・汁物
・メイン(肉・魚で揚げ物・焼き物)
・デザート
・副菜

と書いてこれに当てはめていくと、
バランスよく簡単に献立を考えることができます。

スポンサーリンク

前菜・サラダ

家族なのか友人なのか、大人なのか子供なのか?

集まるメンバーにもよりますが、
ちらし寿司の場合、みんなでわいわい分けあって食べるものなので、
サラダは大皿で盛るのがいいと思います。

豆腐と水菜のサラダとか。
大根サラダとかあっさりしたものはどうでしょうか。

もしお子さんが多ければ、
ミニトマトとモッツァレラチーズを
半分に切って、半分を組み合わせて楊枝で差すのもお勧めです。

一口で食べられるので、
オトナのおつまみにもなります。

その時は、バジルやオリーブオイル、
ブラックペッパーをかけてカプレーゼ風にする
とより大人向けになりますよ^^

汁物

お酒を飲む大人だと用意しなくてもいいかもしれませんが、
汁物もあったほうが箸休めにもなりますし場も落ち着きます。

春であればハマグリのお吸い物とか。
いわしのつみれ汁など。
そこに少しゆずの皮をのせるのもいいですね。

できれば、味噌汁や豚汁よりかは、
お吸い物のほうがよりおもてなし感はアップします。

あればお椀の蓋もしてくださいね。

蓋を開けたとき、ふわっとゆずや三つ葉など
香りのいいものの匂いがするとより食欲が湧いてきますよ。

メイン

お肉料理か魚料理を
揚げ物か焼き物が基本です。

もちろん人数や張り切り度合いによっては、
両方お出ししてもいいと思います。

その場合は、
お肉が揚げ物だったら、魚は焼き物。

かぶらない方がいいですね^^

あとは焼き物や揚げ物ではないですが、
カルパッチョやお刺身もいいですね!

簡単にできるちらし寿司に合うお肉料理は、
こちら> にも書いたのですが、
個人的にはチキン南蛮がとっても合うと思いました。

でもおもてなしの場合は、
ローストビーフがお勧めです。

簡単な作り方も載せておきますね。
ローストビーフ作り方>

揚げ物なら、季節食材を使ったの天ぷらがおすすめです。

天つゆ、塩。
お子さんがいればカレー塩を用意しておくと、
一気にお子さんも好きな味に変身します。

副菜

大皿ではなく
元々セッティングしておけるものが楽です。

そして箸休めやつまみになるようなもの。

春なら菜の花のおひたし。

ほうれん草の胡麻和えや白和えなど。

茶碗蒸しも定番でお勧めです。

デザート

食事がボリュームあるので、
デザートはあっさりしたもので
あまり量はいらなくていい思います。

いちごやぶどうど果物でもいいですし、
おしゃれなゼリーなどもいいですね。

できれば大皿ではなく、
個別のお皿で用意したいところです。

ちらし寿司とおかずで、素敵なおもてなしの例

わたしだったら、

・ちらし寿司
・水菜と大根のサラダ
・茶碗蒸し
・つみれ汁(ゆずをのせて)
・菜の花のおひたし
・ローストビーフ
・白身魚のカルパッチョ
・いちごとぶどう

あと春の天ぷらを作ります♪

山菜など季節の食材をたっぷり使って^^
こんな感じでおもてなしのおかずを考えるといいと思います。

雰囲気作りもおもてなしのポイント!

せっかくおもてなしなので、
おかずだけでなく雰囲気作りも大切!

・季節の食材を使う。表現する。

・食器や箸置き、ランチマットなど小物にこだわる。

・お客さんが来る前に、
 換気して空気がこもらないようにする。

・飲みものは、ワインやビール。

 日本酒・烏龍茶などバリエーションをもたす。

・一人一個お手拭きを用意しておく。

などなど。

この様な気遣いをしておくと、
更に素敵なおもてなしになりますよ^^
大切な人と素敵な時間をお過ごしください♫

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》