知ってる?自己都合退職と会社都合退職違いとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

失業保険のもらい方2

自己都合の退社なのか?会社都合なのかによって失業保険をもらえる条件が大きく変わってきます。この内容を理解して、極力自分の有利なように会社側と話をすすめていきましょう^^

スポンサーリンク

自己都合と会社都合の違い

キツいから辞める、転職したいから辞める。

お察しのとおりこれらは全て自己都合退職になります。

 

反対に、リストラにあった、雇用期間が満了した。

これらは会社側の都合で退職することになります。

 

自己都合退職と会社都合退職、なにが違うのか。

大きく違うのは「給付の対象になる日数金額」です。

 

どういうことかと言うと・・。

 

失業保険の給付には「待機期間+給付制限期間」というものがあります。

行けば分かりますが、失業保険の給付を申請しに行くと7日間の待機期間があることを告げられます。

 

つまり、いくら要求しても7日間は失業保険をもらえません。

これは会社都合だろうと自己都合だろうと同じ扱いです。

 

つぎに給付制限期間というのがあり、ここが大きく違います。

給付制限期間とはその名のとおり、給付を制限(受け取れない)される期間のこと。

 

会社都合で退社した場合、給付制限期間は・・ありません!

反対に自己都合の場合、給付制限期間が90日付きます(_)

つまり仕事を辞めたのに3か月もの間、無収入を強いられることになります。

 

恐ろしい・・(_)

会社を辞めるときは、極力自己都合ならないようにしましょう!
別記事の「失業保険の申請で必要なもの一覧」「失業保険でもらえる金額を知っておこう!」「失敗しない!失業保険の上手なもらい方」と併せて参考にしてもらえればと思います^^

次は絶対いい仕事につきたい!という人は、ハローワークによりいい条件の企業が紹介してもらえるリクルートエージェントがおすすめです!登録&利用料も無料ですし、ネットでできるのでまずは検索してみると転職活動を有利に進められるのでおすすめです^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》