新学期はいつから?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スクリーンショット 2015-01-26 17.21.22

ウキウキする人もいれば、
憂鬱に思う人もいる新学期。

新学期って地方によって始まる日が違うって
知っていました?

場所が変われば文化も違う?!
新学期にまつわる常識をご紹介していきます。

新学期はいつから?


基本的に小中学校は4月6日が入学式。
そして県立高校は4月8日頃からが一般的です。

ただ場所が変われば常識も変わるようで…。

本州の学校は、
4月4日辺りから新学期ラッシュが始まり、
5、6、7、8、9日辺りまで続きます。

年によって曜日の関係でずれたりもしますが、
基本的には小中学校は4月6日。

高校は4月8日頃。

なので絶対この日!というわけではないようです。

それに一味違うのが北海道。

北海道の新学期は4月19日前後です。


スポンサーリンク

なぜ北海道の新学期は始まるのが遅いのか?


ちゃんとした理由を調べたのですが、
理由が見つからなかったので北海道人の私が仮説を立ててみました。

北海道は夏涼しく冬寒いため、
季節としては冬の方が厳しいため
夏休みは短く冬休みが長いです。

一般的に夏休みと冬休みを合わせて50日程度と
休みは考えられていますが、
北海道は夏休み25日程度、冬休みも25日程度です。

その為3学期が始まるのが他県より遅いので
授業が遅れてしまいます。

その分を3学期を長くするので、
それで全部ずれ込んでしまい新学期も遅くなるというわけです。




北海道の冬は半端ない寒さなので、
仕方ないんです><

北海道人的には、
新学期に桜が咲いているというのがすごく羨ましいです。

ドラマや漫画では、
新学期に桜の下で入学式を行うというのを見かけます。

私の地元では、
4月の新学期の時も雪が残っていたり、
雪が降ったり…。

桜と新しい制服憧れです。

ちなみに桜はGWに咲きます^^;

お国が変われば、新学期も変わる?!

スクリーンショット 2015-01-26 17.26.52

新学期が4月というのは、
日本独特の風習のようです。

アメリカでは新学期は
2月の後半から3月始めが一般的で、
基本的には2学期制です。

なので夏休みは5月中旬から6月中旬から始まり、
(この一ヶ月の幅もアバウトでアメリカらしいw)
8月中旬から9月中旬まで。

しかもアメリカのお休みは
宿題が出ないことが一般的らしく
3ヶ月間子供たちは遊んで過ごすのだそうです。

そう考えると日本の学生は偉いですよね。

休みでも宿題があるから
勉強しなくちゃいけないですもんね^^;

ちなみにアメリカの大学は学部によって学年の長さが変わり、
文系なら3年制、理系なら4年制、医学部なら6年制です。

9月に新学期を行いますが、
卒業式を9月にするところも多いそう。

 

そして10月から大学受験が始まり、
12月から1月にオープンスクールが開かれ
希望する学校を最終的に決めます。

 

合否が出るのが1月後半なので、
その期間は日本の学生同様ぴりぴりしているそう。

 

受験のない時期は、バイトや旅行など行って
休みの過ごし方は日本と一緒ですね。

 その他の海外では?


ちなみにヨーロッパも基本的に

新学期は8月末から9月始め。

 

そしてお国変えてインドの新学期は4月

ただ4月後半から6月まで夏休み?に入るそうで、
それなら6月から始めようよ!
という不満も上がっているのだそうです。

地域や国が違えば常識も違うので、

比較してみると面白いですね^^

わたしは桜の咲く4月の新学期が一番好きです。

あなたはいつですが好きですか?

 

新学期はいつから? まとめ

基本的に小中学校の新学期はは4月6日。

県立高校は4月8日頃からが一般的。

ただ地域や国が違えば文化が全然違うので面白い!

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》