一ヶ月の生活費 一人暮らしの平均は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

『一ヶ月に掛かる生活費』一人暮らしの平均は?
一ヶ月に掛かる一人暮らしの生活費って、
計算したことありますか?

生活費を把握すると節約もできるようになりますし、
節約ができれば好きなことに使えるお金も
増やすことができます♫

まずは、1ヶ月に掛かる生活費の、
一人暮らしの平均を把握しておきましょう!

生活費一人暮らしの平均

一人暮らしの主な生活費の内訳は、

・家賃
・食費
・水道光熱費
・雑費

です。

スポンサーリンク

家賃

家賃は地域によって大きく違いがありますが、

東京・関西・東海など都市部であれば、
20代の家賃平均は5万円から7万円。

都市部以外であれば、月3万円から5万円程。

基本的には、
家賃は収入の3分の1程度が目安と言われています。

食費

食費は自炊なのか、コンビニご飯なのか、
外食なのかそれによって大きく費用が異なります。

大体月1万円から5万円が平均で、
しっかり自炊をすると月1万円くらいで収まります。

食事付きのバイトをしたり、
スーパーのタイムセールを上手に使うと簡単に節約することができます。

水道光熱費

水道光熱費は、水道・電気・ガス。

それぞれ3千円から4千円が平均で、
光熱費は月1万円と計算して良さそうです。

ただ北海道など寒い地域は、
冬のガス代は月6千円から8千円。

夏暖かくクーラーを使うお家では、
夏の電気代は4千円から8千円程度だそうなので、
その辺は幅を持たせて計算しましょう。

雑費

携帯代、保険料、通信費、交際費、日用品、医療費、洋服代など。

日常で使うあらゆるものです。

ざっくりとした平均ですが、携帯代は月1万円。

シャンプーや洗剤など日用品は、月3千円。

洋服代は月2万円。

日用品の合計は、5万円程度。
意外と大きなお金になりますね。

この掛かる費用を全て合わせて、
1ヶ月生活費に掛かる一人暮らしの平均を出すと
全国平均で13万円から15万円です。

例)家賃6万+光熱費1万+食費2万+雑費5万=14万円。

ちなみに月の仕送りの平均は10万円。

これでは生活費が仕送り超えていますね。

もちろんアルバイトも大切ですけど、
できれば節約して少しでも費用を浮かせたいものです。

まず節約したいのは、
一番大きく費用が掛かるもの。

つまり家賃!

家賃を上手に節約したいですね。

最近ではルームシェアやシェアハウスに住むのが、流行っています。

わたしも地元が北海道なので、
東京に長期滞在する時はシェアハウスやゲストハウスを活用しています。

人と住むのは大変そうなイメージかもしれませんが、
意外と楽しいもんですよ♫

都心部で1人暮らしの相場の5万円から7万円の
マンションに住もうとすると、
駅から遠かったり、
とても狭かったり、
ボロかったり、
ゴ××リが出たり…。

本当に狭いところだと、
3畳4畳のお部屋が普通にあります。

シェアハウスやゲストハウスは、
キッチンやトイレ、シャワーなどは共同ですが、
その代わり普通の民家くらいの広さがあります。

なので狭くて窮屈な思いをしなくてもいいですし、
キッチン道具も最初から揃っているので、
すぐに生活を始めることができます。

家電も購入する必要がないので、余計な費用も掛かりません。

そして初期費用ですが、
敷金や礼金は場所によって1ヶ月分かかるところもありますが、
無料のところも多く、退出の時も多くて家賃1ヶ月分など
費用は普通にお部屋を借りるよりぐっと抑えることができます。

しかも5万円から7万円だすと
自分の個室もあって駅近も十分に探すことができます。

もし寝室が2段ベットなどの相部屋でよければ
2万から3万円で都内の駅近物件に住むことができます。

なにより寂しくないですし、
大人数で住むので一人暮らしよりも安全です。

女性専用ゲストハウスもありますし、
最近では畑が付いていて採れたて野菜が食べれる所や、
シングルマザー専用でお子さんと一緒に入れるゲストハウスもあります。

もちろん集団生活なので大変なこともあるかもしれませんし、
長い目で見ると一人暮らしの方がいいかもしれませんが、
もし費用を考えるのであればゲストハウスやシェアハウスを活用してみるのもいいかもしれません。

都会生活を楽しみたい人にはおすすめですよ♫

なにはともあれ、収入と支出のバランスが大事です。

一人暮らしの生活費は計画的に♫

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ひとり暮らしの賢い節約book

【送料無料】ひとり暮らしの賢い節約book
価格:1,080円(税込、送料込)

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》