三色団子の色の意味は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

三色団子の色の意味とは?

お花見の時期になると、
よく見かけるようになる三色団子。

あの三色の色には、
思わず感心してしまう意味が込められていました。

三色団子の始まりは?

日本では縄文時代から
どんぐりやクヌギを挽いて粉にして、
丸めて団子にして食べていたそうです。

それがなぜ花見の時に
食べられるようになったのでしょうか?

きっかけは、
京都の醍醐で開かれた
徳川秀吉の花見の席でのことです。

秀吉が全国から甘味を集めて、
花見をしながら団子を食べたことから始まりました。

それから花見をしながら
団子を食べるというのが庶民にも伝わり、
花見団子が生まれたと言われています。

なぜ団子に三色の色が付けられたのか?

それは桜の花見がもともとは庶民の行事ではなく、
身分の高い者たちが行う神聖な行事でした。

花見の際に、
秀吉など身分の高い人たちに献上するために
縁起のいい色が付けらるようになったと言われています。

なぜ赤・白・緑だったのかというと、
赤と白は縁起がよく
緑は邪気を払ってくれる色。

神様が喜ぶ色と言われています。

その為、神様と一緒に飲食できる
と考えられていたそうです。

現在の三色団子の色の意味とは?

庶民に親しまれている今でも、
団子の色にはひとつひとつ意味があります。

赤色の餅は厄を祓い。

「春」の桜や桃の花、

春の日差しをイメージしています。

解毒作用のある山梔子で赤味をつけ健康を祝っています。

白色の餅は、血圧低下・清浄。

「冬」の白酒や春霞をイメージして、
菱の実を入れて作られています。
緑色の餅は母子の健全を祈って。

「夏」の新緑や草木の緑をイメージして、
母子草(ゴギョウ)やよもぎが原料で作られています。
意味合いとしては2つあって、

春の象徴する
「草芽吹く大地・春霞の空・春の陽光」

3つの季節の象徴する
「蓬(夏)・残雪(冬)・桃(春)」

という意味があるそうです。

草芽吹く大地に残雪。
そして春の陽光が残雪を優しく溶かしていく。

こういう意味があって
三色団子の並び順は下から緑・白・赤と
高さ順で決まっているそうです。

これは、雛祭りの菱形の餅も一緒。
菱餅の色には意味がある>
日本の伝統的なものには、
なんでも意味があるんですね。

それにしても、
日本の四季は「春」「夏」「秋」「冬」。

お団子は三色。「春」「夏」「冬」。


気づきました?そう。
「秋」がないのです。

「秋」ない= 飽きない

今も三色団子が受け継がれているのは、
飽きがこないほど美味しい食べ物として
庶民に愛されて続けてきたからなんでしょうね。

伝統を守り続けて、
美味しいお団子を作り続けてくれる
和菓子職人さんに感謝!

意味を知ると
日本の食文化も面白いですね♪

三色団子の色の意味まとめ

三色団子の意味は、

春の象徴する「草芽吹く大地・春霞の空・春の陽光」

3つの季節の象徴する「蓬(夏)・残雪(冬)・桃(春)」

日本文化はおもしろい!

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》