守護霊が知りたい人へ。守護霊を知る3つの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

守護霊

誰にでも必ず付いていると言われている守護霊。
しかし実際に目に見えるものではないので、信じる信じないは自由です。

 

しかし守護霊というからには、あなたのことを守ってくれると考えるのが自然の流れですよね。そうなると、誰が守護霊になっているのかは気になるところです。そこで、守護霊とはどんな存在なのか、自分の守護霊を知る方法など気になる守護霊の秘密を探っていきましょう。

 

スポンサーリンク

守護霊とはどんな存在?

守護霊

人間に必ず1人1体は付いていると言われる守護霊。そんなに不遇な人でも、間違いを犯してしまった人でも守護霊はいるということです。これを読んでいるあなたも、守護霊に守られている人間の一人です。守護霊は前世から続くカルマや、現世での運命を予め知り、その人の魂の成長を促すのです。

 

守護霊は主に2つの役割を持っていると言われています。

・人間を危険から守る

・人間の魂の向上を目指して人生をコーディネートする

 

多くの場合、過去世において自分と深いつながりがあった人が守護霊になる場合が多いようです。守護霊はその人が受胎してから亡くなるまでの一生を担ってやってきます。守護霊によって与えられたインスピレーションから、最良の道へ導かれ災いから身を護ったり、回避することができるようになっています。

 

そして背後霊としてあなたの人生を応援してくれる守護霊は、あなたの元へやってきたり、去ったりしますが途中で守護霊の交代や入れ替わりはありません。1人に1体といいましたが、細かく言うと補佐役2名の合計3名で人間を護っています。実際に霊視などで見ることができるのあ、リーダー格の守護霊ということになります。

 

守護霊を知る方法

e18adcb559b8e1cffd1995d9c9c0c816_s

あなたにどんな守護霊が付いているのかは気になるところですね。守護霊を知るには、いくつかの方法があります。

直感

意外と侮れないのが直感です。

直感は、単なる生理現象という場合もありますが、霊感が発揮されているケースも多々あります。

 

例えば…「大事故になりそうだった」、「悪い予感がする」、「妙に懐かしい匂いがする」、「欲しかった情報が思いがけず得られた」こんな印象を感じることはありませんか。もちろん気のせいだったという場合もありますが、普段の生活の中で意識すると妙に守られているということに気づくことがあります。

 

このような直感は、守護霊が自分に対してメッセージを発している場合が多いのです。直感のすべてが守護霊のメッセージとはいえませんが、直感を頼りに守護霊を判断するのも良い方法です。

夢に出てくる人やネガティブな時に浮かぶ顔

何気なく見ている夢に、昔からよく出てくる景色や、登場する人はいませんか。その人はあなたの守護霊の可能性が高いです。名前も顔も知らないのに、懐かしい感じがする、こんな風に感じることができたら守護霊としても嬉しいことでしょう。

 

また、深くネガティブな気持ちになったときに、守護霊の顔が思い浮かぶことがあります。守護霊は決して自分からは手をだしません。あくまで見守る存在だからです。しかし思い浮かぶということは少なからず傍に寄り添っていると考えて良いでしょう。いつも見守って頂いているという安心感を感じ、自信を持って進んでいってくださいね。

寝る直前・起きる直前を利用

寝る直前や起きる直前に「うっかり」守護霊が見えてしまうことがあります。寝起きに変な夢を見た気がする…こんな時は守護霊がそばにいる可能性が高いのです。この寝る直前や起きる直前は「幽体離脱」になりやすい状態のため、守護霊を偶然に見てしまうということも珍しくないのです。

 

霊能者に聞くのも一つの方法

そうはいっても、なかなか自分の守護霊が見えた、という人はいないです。どうしても自分の守護霊を判断したいと思うのであれば、実力のある霊能力者に聞いた方が早いです。

 

お金がかかるケースがほとんどですが、専門家に頼むのがやはり近道ですね。特に東北地方に多いイタコは占いというよりも「巫女さん」に近い立場の方です。イタコは「口寄せ」という亡くなった人や霊界の人、守護霊を自分の身体や他人の身体におろすことができるそうです。また近くに霊感が強い知り合いがいれば、相談しても良いかもしれません。

 

まわりにそういう人がいない場合は、電話占いで守護霊診断することもできます。電話占いヴェルニ> 占術紹介から見る事ができます。守護霊を知りたい人や守護霊と対話してみたい人は、相談してみるといいでしょう。

守護霊を知る方法まとめ

 人間には少なくとも必ず1人は守護霊がついています。

目には見えませんが、メッセージを送り、あなたを危険から守ってくれる存在です。

 

そんな守護霊を判断するには、日頃のインスピレーションから判断したり、夢に出てくる人や寝起きの状態を利用することで、判断できる可能性があります。

 

しかし一般の人にはやはり判断が難しいので、本気で知りたい場合は専門家である腕のいい霊能者に聞いてみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》