結婚式挨拶のお礼のタイミングはいつ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

結婚式挨拶のお礼は当日がベスト!そのタイミングとは?

晴れの舞台である結婚式。
たくさんのゲストをもてなして、主役は大忙しですよね。

そんな中でも、お世話になる人にお礼を渡したい!
でもベストなタイミングっていつなの?

お礼を渡すタイミングって意外に難しいものです。
ここでは結婚式でのお礼を渡すタイミングや本人たちから渡さないと失礼なのか

などの素朴な疑問にお答えします。
是非、参考にしてくださいね^^

 お世話になるゲストに当日お礼を渡す方法

85bdb8c5eab22d3d50a87681522012a8_s

結婚式では日頃、お世話になっている人をお招きしていますが
主役である新郎新婦は食事もとれないほど忙しいです。

そこで困るのが、当日お礼を渡す予定のゲストに
どのタイミングでお礼を渡すかです。

お礼を渡すゲストとしては、主には次の通りでしょうか

・主賓挨拶をお願いした人
・乾杯の挨拶をお願いした人
・司会をお願いした人
・友人代表スピーチをお願いした人
・受付をお願いした人

特に主賓挨拶や乾杯挨拶をしてくれる相手には、なるべく早くお礼を渡したいですよね。
せっかく用意していたのに、渡しそびれてしまったなどないように気を付けたいものです。

一般的に常識範囲内のお礼を渡すタイミングと注意点を見ていきましょう。

スポンサーリンク

自分たちでお礼を渡す

自分たちでお礼を渡すのが一番望ましいことですね。
直接顔を見てお礼を言えるので、ダイレクトに気持ちが伝わります。

タイミングとしては披露宴が終わって退場する時に1人1人に挨拶をしますよね。
その時のタイミングでさりげなく「お礼」として渡すのが良いでしょう。

きちんと顔を見て「主賓挨拶をあるがとうございました」とお礼を言うことと
余裕があれば感想なども短めに加えると喜ばれます。

注意点

当日の新郎新婦は予想以上に忙しいです。
用意していたのにうっかり忘れてしまったなどと後で後悔する可能性があります。

また、他のゲストもいる場になりますので、差がついてしまうのが明白です。
渡すときにはちょとした工夫が必要になるでしょう。

両親にお願いする

忙しい新郎新婦の代わりに、両親がお礼を渡すのはごく一般的です。
いつもお世話になっている方へ両親から挨拶も含めてお願いするのも良いですね。

タイミングとしては、受付に来られた際に目立たない形でそっと渡してもらうか
披露宴の歓談中にゲストの席まで出向いてお礼と共にお渡しするなどが良いですね。

司会や受付をお願いした相手には、お仕事が終わった段階で渡しても良いでしょう。

注意点

両親にしっかり顔と名前をインプットしておくことです。
当日になって誰だか分からなかった、違う人に渡してしまったでは大変です。

何度も会ったことのある相手なら良いのですが、会社関係だとそうはいきませんよね。
事前に写真を見せる、人となりを話しておく、名前を確認しておくなど事前準備を慎重に行いましょう。

受付にお願いする

自分たちも忙しい、両親も高齢でお願いするには不安がある…
そんな場合は、受付にお願いするのもひとつの手です。

タイミングとしてはもちろん受付の時です。
会社関係者や友人にお願いすることが多いのが受付です。

受付であればゲストは必ず通るところですし、名前の確認も容易に可能です。

受付からであれば、新郎新婦の関係者という扱いになりますので
お礼を貰う方も不振がることはないでしょう。

注意点

両親にお願いする時のように、渡す相手の顔と名前を覚える必要はないですが、

参加者名簿にお礼を渡す人をしっかりわかりやすく明記しておきましょう。

抜けがあったり間違えて渡してしまって、

お礼を渡せなかったりお礼を渡す予定ではなかった人に渡したという事例は意外に多いものです。

事前に結婚式の翌日に届くように郵送しておく

結婚式挨拶のお礼は当日がベスト!そのタイミングとは?

ひとつのやりかたとして、郵送するという手もあります。
届く日付を指定しておけば、結婚式の翌日という早いうちに届けられるでしょう。

その場合は品物だけでなく手紙を添えるなどして、

何のお礼なのかをきちんとお知らせして感謝の気持ちを表すことです。

これは最終手段ですので、お礼は出来るだけ当日にタイミングを見極めて渡す方が良いですね。

いかがでしたか?

お礼は本人から渡さなくても特に問題はありません。
その代わり、当日のどのタイミングで渡すかが大切ですよ。

結婚式挨拶のお礼は当日がベスト!まとめ

・結婚式でのお礼を渡したい場合は、できるだけ当日に渡すようにしましょう

・新郎新婦本人から渡す場合は最後の挨拶時がチャンス!工夫をしてお渡ししましょう

・本人たちから渡すと決まっている訳ではないので、両親や受付などにお願いしても問題なし

・タイミングは受付の時または、披露宴の合間にお席にお邪魔して挨拶と共に渡してもらいましょう

・お願いする場合は、お礼を渡す相手の顔と名前をしっかり伝えて間違いのないように注意すること

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》