結婚式で挨拶をいただいた方へのお礼!封筒のアレコレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

結婚式で挨拶をいただいた方へのお礼!心づかいが伝わる封筒のアレコレ

結婚式で主賓の挨拶や乾杯の挨拶をお願いして

快く引き受けてもらえるのは、とてもありがたいことです。

当日はお礼を渡したい!と考えた時に何に入れて渡しますか?
そのまま渡すのはもちろん非常識ですよね。

封筒に入れるのに、何を選んだらいいのか迷う人も多いはずです。
ここではお礼を入れる時に使用する封筒の選び方をご紹介します。

更に表書きや活用術も書いていきます。
これから結婚式を控えている人のお役に立てると嬉しいです^^

お礼の封筒はどんなものを使ったらいいの?

結婚式で挨拶をいただいた方へのお礼!心づかいが伝わる封筒のアレコレ

結婚式で主賓の挨拶などでお世話になった方へお礼をする場合、何に入れて渡すのが良いのでしょうか。

基本的には、紅白の結び切りの水引は10本、のし付きのご祝儀袋が正式なものを使います。

お礼の封筒に水引は必要ないと思われがちですが、正式には必要なんです

結び切りとは「一度結んだらほどけない」ことを意味する結び方です。
結婚式のような人生に一度で良いお祝いごとの際に使用するんですよ。

もう一つお祝いごとに使用する水引に「蝶結び」がありますが
蝶結びは何度でも結び直しができることから、結婚式には使用しない方が良いでしょう。

また、最近はのしや水引が印刷された簡易的な封筒もありますので
場合によっては、そちらを使用しても良いでしょう。

更にはぽち袋で使用する場合もあります。

スポンサーリンク

封筒の違いはどうやって決めるの?

封筒の分け方をどんなところで判断すればよいか迷いますよね。

単にご祝儀袋と言っても、値段は一つ100円~1,000円以上と様々です。

できるだけ安く済ませたいけれど、失礼があってはいけません。

何を持って使い分けるかというと…

包む金額によって使い分けていきます。

一般的に1万円以上包むのであれば、ご祝儀袋に入れて渡します。

5万円以上包むのであればご祝儀袋の中でも高価なものを使うとバランスが取れます。

ご祝儀袋購入の際に、裏面に金額設定が書いているので参考にしてくださいね。

1万円以下の場合は簡易封筒やぽち袋で渡します。

たかがご祝儀袋ですが、人生で一度きりのことです。

常識ある対応でスマートに済ませたいものです。

ご祝儀袋の書き方いろいろ

結婚式で挨拶をいただいた方へ!お礼の書き方のポイント

 封筒にはなんて書くの?

ご祝儀袋やぽち袋の使い分けが分かったところで

今度は封筒の表書きに何を書いたらいいのか迷うところです。

お礼として渡す物なので「御礼」と書くのが1番伝わりやすいですね。
しかし、中にはかえって相手に気を遣わせてしまう場合があります。

「お礼をされるようなことはしていない」とか
「結婚式に来ただけでお礼なんて」とか

お断りをされてしまう場合もあります。
そこで、渡す相手に気を使わせないように、という心づかいも込めた方法として「お車代」と書きます。

わざわざ足を運んでもらった交通費として渡すと相手も受け取りやすいのです。

中には「寿」と書く場合もありますが、気持ちが伝わりにくいので

「お車代」がおすすめです。

封筒には名前は書くの?

そして新郎側の主賓には新郎の名前を、新婦側の主賓には新婦の名前を書きます。

書くときはボールペンではなく、くっきりとインクの出る筆ペンを使います。

または、両家の苗字を書いても良いでしょう。
両家の苗字を書く場合は、新郎右、新婦左で並べて書いてくださいね。

基本的に渡す相手の名前は書く必要はありません。

渡す相手が分からなくならないように、名前を書きたいと考える人が多いですが
その場合は別の方法を取ります。

相手の名前を書いた付箋を貼っておいて、渡す直前にはがして渡すか
一回り大きめの封筒に相手の名前を書いてご祝儀袋ごと入れておいて、渡す前に封筒から出して渡すなど

ご祝儀袋に直接書かない方法を使うようにしてくださいね。

渡す側の気持ちも大事ですが、受け取る側の気持ちも考えて書きましょう。
両者が気持ちよくやり取りできるのが理想的です。

大事なのは気持ち。堅く考える必要はなし

結婚式で挨拶をいただいた方へのお礼!心づかいが伝わる封筒のアレコレ

お礼をするにあたって一番大切なのは気持ちです。
言い換えてしまえば、封筒にこだわる必要はありません。

お礼をする相手との関係性もあると思いますが
立派なご祝儀袋の段階で相手に遠慮されてしまう場合もあります。

今は「お車代」とはじめから書かれた、お車代用の封筒も売っています。
車のイラストが入った可愛らしいもの、お洒落なものもたくさんあります。

また結婚式の会場に大きなバックを持って入る人は少ないですよね。
特に男性ならカバンを持たない人もいます。

そういった相手に大きなご祝儀袋を渡しても置き場に困ると予想されます。
それよりもポケットや小さなカバンにも入るぽち袋の方が目立たずスマートな気がしませんか?

金額が大きい場合は当てはまらないかもしれませんが
参考までにぽち袋なども候補に入れてみてくださいね。

いかがでしたか?

常識は大切ですが、基本的に大切なのは渡す側の気持ちです。
そこで渡される側の気持ちも考えていれば、それも相手に伝わります。

こうしなければいけない、という決まりはありませんので
ここで上げたことを参考にご祝儀袋を選んでみてくださいね。

婚式で挨拶をいただいた方へのお礼!まとめ

・お礼を渡す封筒は結び切りの水切りのご祝儀袋かぽち袋がベターです

・基本的には、1万円以上ならご祝儀袋、1万以下ならぽち袋を使用すること

・表書きには「お車代」または「御礼」と、新郎または新婦の名前を書いて渡すこと

・封筒よりも渡す側の気持ち、渡される側の気持ちを考えるのも大切

・大きなカバンを持ち歩かない結婚式ではポケットに入るようなぽち袋を活用すのもあり

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》