お花見のお弁当箱はコレがいい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

お花見のお弁当箱♪オススメしたい厳選3つ集めた!

お花見と言えば、

やっぱり楽しみなのはお弁当!

 

お花見しに行くというより、

気がついたらお弁当ばっかり食べてるってことありますよね(笑)

お花見の時のお弁当箱って、

普段使っているお弁当箱とちょっと違うじゃないですか。

イベント用というか、大勢で食べれて、

かつちょっと豪華に見えるもの。

なかなか選ぶのに迷っちゃいますよね^^;

お花見好きのわたしが、

お花見用のお弁当箱選びの失敗談と成功談をお話していきたいと思います。

 

ぜひ参考にしていただけたらと思います^^

超手抜きで豪華なお花見弁当

自称お花見マイスターとしては、

やっぱりお花見をする時は準備が多いので、

お弁当には出来るだけ手間はかけたくないもの。

だって、場所取りして敷きもの敷いて、

飲み物準備して大変じゃないですか。

 

なので、極論を言えばちょっといいお惣菜を

デリバリーするのが一番いいと思います。

もう現地にお届けしてもらう。これ最高ですよ!

 とっても楽ですしサプライズ感もありますし。

オススメは、お惣菜ならなんでも揃う

宅配・デリバリーの総合サイト>

 

もしくは、ストロベリコーンズ>

 

定番で美味しいしみんなも喜びます^^

 使えるお花見のお弁当箱はコレ!

とは言っても、やっぱり手作りを持って行きたいというのも本音。

 というか、手作りじゃなきゃ何となく周りの反応が気まずいw

 

お花見用のお弁当を選ぶなら

蓋付きのジップタイプものがとっても使えますよ!

万が一汁が出てしまっても漏れる事もないですし、

お弁当が傾いてしまっても、

最悪中が片寄るだけでそんなに被害は少ないです。

 

重なっていて保冷できるものを持っていると、

運動会や差し入れにも使いやすくてとっても便利。

 

丈夫ですし、最近は可愛い物もありますしね^^

ジップタイプにする前なんかは悲惨で…。

 

やっぱりお正月のお重のようなものって、

それだけで豪華に見えて出来る感じがするじゃないですか。

 

でもあれ本当に悲惨で、

きちんと風呂敷で包んで持って行っても

開ける時にひっくり返したり汁がこぼれたり、

意外と薄いので入りにくかったりなんかいまいちだったんですよね。

 

ひっくり返された日には、

もう朝早く起きて作ったかいもなく虚しく終わる訳ですよ。

 

溢れても誰も責める事も出来ないし、

あれはオススメできないっす(;;)

なので、

ジップタイプの保冷付きの可愛いの!

これがおすすめですね。

 

こんなやつとか。
スクリーンショット 2014-12-13 15.19.44

和風チックでタッパの物とか。
スクリーンショット 2014-12-13 15.12.54

 Amazon>

あとは、使い捨て出来るもの。

 

それこそ、

お惣菜を頼んだ時の容器をとっておいて、

お惣菜を入れて行くと帰りは捨てれるし、

意外と周りからの評価も高くていいですよ^^

もちろん、そんな貧乏臭いことしないで、

使い捨ての大きいお惣菜入れも売っているので購入も出来ます。

 

みんな大変な思いして持ち帰るのに、

帰り楽チンとかちょっと出来る感じしません?w

 

その分、他の人の荷物を持つのも手伝えますしね^^

あと、デートにも使い捨てお弁当箱おすすめですよ!

 

デートだとお花見した後、

映画見に行ったり、

そこからまた移動するケースが多いじゃないですか。

 そうなると常に持ち歩くのは大変。

使い捨ての可愛いお弁当箱に入れていけば食べたら捨てて、

彼にも気を使わせなくていいと思います。

 

こんなに可愛いのもあるんですよ♫
スクリーンショット 2014-12-13 13.13.35

Amazon> 

大きいお弁当箱にたっぷりよりお花見では軽く食べて、

そこから美味しいものを食べに行く方がデートが盛り上がりそうですね^^

荷物多いと言葉に出さなくても

男性側が気を使ったり面倒臭がったりしますしね^^;

 お花見で彼氏が喜ぶお弁当メニュー>

ジップタイプのお弁当箱の場合、

地味なことがちょっと難点。

 

でもお弁当箱便りにしないで、

お弁当グッズや野菜などを駆使すれば

簡単に華やかなお花見弁当がでいますよ!

お弁当箱は好きずきもありますし、

いろいろ挑戦してみるのもいいと思います。

 

自分に合わないものがわかれば

いいものもわかってきますし。

お気に入りのお弁当箱を見つけて、

お花見を楽しんでくださいねーー(●´∀`)ノ

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》