入居審査と期間は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

入居審査 期間

もうすぐ春ですね!

今年こそ一人暮らしを始めたいと思っていませんか?

 

住みたいお部屋を探したらすぐに契約したいところですが、

まずは「入居審査」を通らなければ入居できません。

 

そこで入居審査の期間や

審査に通りやすくなるコツをご紹介します^^

入居審査ってなに?

入居審査とはそのお部屋に入居をしてもいいかどうかを、

大家さんや不動産会社が審査する制度です。

現在の賃貸物件では必ず通らなければいけない道です。

 

逆に言えば、一人暮らしを始めたいと思っても、

この入居審査にパスしなければお部屋を借りることが出来ないのです。

 

スポンサーリンク

何を審査するの?

ここで気になるのが審査の内容です。

クレジットカードを作ったことはありますか?

その時も審査がありますが、入居審査も同じ意味合いがあります。

毎月お金(家賃)を払わなければいけないので、

それが可能な人なのかどうかを見極める為に審査を行います。

 

名前・住所・年齢・電話番号・勤務先に

間違いがないかという基本的な個人情報はもちろんのこと

入居審査で1番重要視されるのは「収入」と「保証人」です。

収入のこと

入居審査において、きちんと家賃を支払ってくれるのか、

滞納などしないかなどの目安になるのはやはり収入になります。

安定した収入が得られないと思われる、

フリーター・派遣社員・フリーランスで仕事をしている人などは危険です。

 

また、収入があってもどんな仕事をしているのか分からない人は、

怪しまれるので大家さんが警戒する可能性があります。

 

保証人のこと

入居者本人が支払いが出来なくなった際に、

代わりに家賃の支払いの責任を持つことになるのが保証人です。

一般的には入居者本人と関係が近く、

経済的に自立している親族が良いでしょう。

 

両親や働いている兄弟ですね。

または祖父母というのもありますが、

高齢で支払い能力に問題ありとされる場合も。

稀に友人・知人といった人に頼むケースもありますが、

賃貸の保証人としてはかなり厳しそうです。

保証人が見つからない場合は?

核家族化の影響で両親が高齢だったり、

兄弟がいなかったりと保証人が見つからない場合はどうするのでしょう。

その場合は「賃貸保証会社」が有効手段になります。

 

賃貸保証会社とは、

人の代わりに連帯保証人となって家賃の未払いや

室内の汚損回復の費用を肩代わりしてくれるサービスです。

もちろん有料なので、

保証料は契約時に家賃の30%~50%と、

更新時に1万円前後の費用が相場です。

 

しかし、この賃料保障会社を良く思わない大家さんもいるので、

出来れば家族にお願いしたいものですね。

入居審査の期間はどのくらい?

入居期間 期間

入居審査では結果を待つ時間も落ち着かないですよね。

一般的に入居審査にかかる時間は5日~1週間とされています。

この審査期間の待ち方にも、通る・通らないが左右されてきます。

 

入居審査があるにも関わらず、

今日、明日にでも引っ越したいと言う人を大家さんは警戒します。

何か訳ありなのではないか…と思うからです。

また審査結果を催促する人も良くありません。

 

早く結果を知りたいと催促する人はおそらく、

他の不動産会社でも審査を落とされて焦っていると思われるみたいです。

時間に余裕を持って待った方が良い結果が得られますよ。

入居審査に通りやすくなるコツは?

入居審査 期間

入居審査に必要なものをしっかり準備しよう!

■入居審査に必要なもの

入居審査の時には不動産会社で指定された契約書を記入する他に、

自分で揃えないといけない書類があります。

・入居者本人の収入証明書(源泉徴収書など)

 ・入居者本人の印鑑証明

 ・連帯保証人の収入証明書(源泉徴収書など)

 ・連帯保証人の印鑑証明

 ・連帯保証人の同意書

 

入居審査に通りやすい人・通りにくい人

収入や保証人以外にも、

入居審査を通る上で気を付けたいことがあります。

次の方は入居審査が通りにくい可能性があります。

 

・記入した書類に嘘があった場合、

態度や言葉遣いが乱暴な人は入居審査で落とされる可能性大です。

 

・新婚さんはこれから赤ちゃんが生まれる可能性があるので、

鳴き声など気にされて通らない場合があります。

 

・夜のお仕事をしている人は、夜中の騒音などに警戒されます。

・ルームシェアで友人と住む場合も、

喧嘩などをして片方が出て行ってしまった場合の家賃の心配をされて

入居審査で落とされてしまうかもしれません。

 

逆に入居審査に通りやすい人とは、

安定した収入と保証人がいて、

人柄が良く、一般常識がある人ということになります。

 

審査に通りやすくするには、

これを意識的に見せるようにしていきます。

入居審査に落ちてしまったらどうする?

ある不動産会社で入居審査に落ちてしまった場合、

入居者本人によほどの理由がないのであれば

そう気にすることはありません。

他の不動産会社に行きましょう。

 

入居審査の結果に対して、

不動産会社同士が緻密なネットワークで情報を

交換している可能性は極めて低いです。

ある会社の審査に落ちた情報が別の不動産会社に伝わることは非常に稀ですので、

諦めずに他の不動産会社をあたってみましょう。

 

入居審査と期間 まとめ

一般的に入居審査にかかる時間は、5日~1週間

審査に通りやすくなるコツは、

・入居審査に必要なものをしっかり準備する。

・安定した収入があり保証人がいること。

・一般常識があることをアピールすること!

 

もし自分が大家さんだったら、

どんな人に住んでもらいたいか…そんな風に考えたら

自然とどうしたらいいか見えてくると思います。

入居審査も大切ですが、

あなたが心地よく住めるお部屋を見つけてくださいね^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》