猫の気持ちがわかる3つ方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

猫

猫はとても気まぐれで何を考えているのか分からないという人も多いですね。猫の気持ちが分かれば、もっと仲良くなれるのにと考えたことはありませんか。

 

中々分かりにくい猫の気持ちが分かる方法があります。猫とのコミュニケーションを活発にすれば、これまで以上に楽しいペットライフがまっていますよ。ここでは猫の気持ちが分かる方法をいくつかご紹介します。

 

猫だって行動に気持ちが現れる

猫

近所にいる野良猫を見ていても、あまり気持ちは分かりませんが、飼い猫であれば毎日、一緒に生活をするので、その行動で気持ちを読み取ることができます。ここでは特徴的な行動を見ていきましょう。

スポンサーリンク

尻尾の動き

猫の身体の中でも尻尾は気持ちが最も現れやすい部分です。尻尾の振り方で気持ちが変わります。犬も尻尾で喜びを表現したりしますが、別物なので混同しないようにしましょう。「この子、何考えてるんだろ。」という場合は、まずは尻尾を見る事をおすすめします。

 

・嬉しい…尻尾をピーンと立たせる

・テンション低め…尻尾だらーんとたらす

・怒り…尻尾が一回り大きくなります

・怖い…尻尾を丸めて縮こまります

鳴き声

尻尾の次に気持ちを読み取りやすいのが鳴き声です。最初のうちは「ゴロゴロ」と「普通の鳴き声」くらいしか違いが分からないでしょう。

 

しかし長年一緒に住んでいると鳴き声にもいくつかの種類があることが分かります。このバリエーションを把握すると、猫の気持ちが見えてきます。

 

・ゴロゴロ…甘え・リラックス

・ミャオ!ミャ!ミャオーン…早く餌が欲しい

・ニャ!(短め)…挨拶程度

・キュ〜・キュルル…構って欲しい

ヒゲもあなどれない

あまり知られていませんが、猫のヒゲも気持ちを表すバロメーターになります。猫の顔には人間のヒゲやムダ毛と違い優秀な神経なびっちり詰まっているのです。

 

外部からの情報を取り入れたり、感情表現にも使うことができます。いつもは放射状、生えグセに従って伸びてるヒゲがですが、気持ちによって向きが変わります。

 

・ヒゲが下向き…リラックスしている

・ヒゲが弓のように後ろ向き…怖がっている

猫と話せるアプリを活用

猫とコミュニケーションが取れれば、猫の気持ちが分かってきます。しかし人間が話す言葉では、猫とのコミュニケーションはできません。人間同士のコミュニケーションが「言葉」であるとすれば、猫には猫の世界で通用する「猫語」があります。

 

そこで活用してみたいのが人間の言葉を猫語にしてくれるアプリです。その名も「人猫語翻訳機」といいます。あなたが喋った言葉を猫語にして、スマホから吐き出します。そして猫が鳴き声を発すれば、それをアプリに聞かせることで人の言葉に変換されます。

 

これが上手くいけば、猫とのコミュニケーションも夢ではありませんね。しかし注意もあります。猫は警戒心が強い生き物なので、聞きなれない音や声にストレスを感じます。猫にも性格があるので、気にしない猫ちゃんもいますが、神経質な猫ちゃんは神経過敏になります。

 

猫語を聞かせることで自分の縄張りの「どこかに猫がいるのではないか」と警戒する場合もあります。すると、怒ったり変な鳴き声をあげて威嚇を始めます。上手くいけば面白いですが、猫が突然怒り出す可能性もあるので、使用する場合はほどほどに、試す程度が良さそうです。

 

猫の声を聴く!?霊能力者に聞いてみる

猫

よくテレビで動物と話ができる霊能者を見たことがありませんか。実はペットの気持ちは霊視で分かるといいます。飼っている猫が何を考えているのか知りたい。寿命や病気で亡くなった猫と話したい。など、霊能者の元にはそんな愛猫の気持ちを知りたいという人からの問合せが多く寄せられています。

猫も人と同じくオーラを発していて、飼っている猫と飼い主の相性もオーラの波長により気が合う、合わないが生まれるのです。猫の気持ちを知るには、霊視とヒーリングを組み合わせて行います。該当する猫の波長に合わせて心を読み解いていくという方法が一般的です。

 

飼っている猫の気持ちを知りたいけれど、霊能者がいる場所まで連れて行けないという場合は、霊視ができる霊能力者に電話で霊視してもらうことも可能です。電話占いヴェルニ>  猫の気持ちが知りたい!という人は、ぜひやってみてください。

猫の気持ちを知る方法まとめ

 猫の気持ちが分かる方法はいかがでしたか。

いつも一緒にいる猫であれば、その表情や行動である程度は分かるかもしれません。しかし本当の気持ちを知りたいと強く願うのであれば、霊能者にお願いして猫の気持ちを代弁してもらうのも、一つの方法です。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》