小林麻央さんのブログを読んで。なぜ癌は進行したのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

花

乳がんと闘う小林麻央さん。
癌が報道されたのが2016年の8月くらいなので、もうだいぶたちますね。

その間もずっとブログを更新し続けていて、
それを見るたびに

あぁ。今日は元気そうでよかったな。
今日はしんどそうだな。大丈夫かな。
家族が心配なんだな。気持ちわかるよ。。。
駆けつける小林麻耶さんをみて、愛されてるなぁ。。。

といつも思うことがあるけど、何もできない自分にただ少しでもよくなることを祈るばかりの日々です。ブログをみると今どんな状況なのか?何を思っているのか?伝わってきます。

穏やかで優しい麻央さんの癌が、どうして無情にもこんなに進行してしまったのか?調べてみました。

スポンサーリンク

麻央さんの癌の進行が早まってしまった原因は?

33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_s

小林麻央さんのブログはこちら>

麻央さんの癌は授乳期の乳がんという、とても珍しい癌だそうです。通常であれば授乳期は癌になりにくいと言われていて、あまりこの時期癌が発見されるのは珍しいそうです。

そして乳がんが見つかりにくい時期でもあります。というのも、授乳期は胸が張りしこりに気付きにくいためです。

そして麻央さんの乳がんが進行を速めてしまった原因が、母乳マッサージと言われています。授乳中は乳腺がつまると大変。なので母乳マッサージをしますが、マッサージすることでがん細胞が身体全体に飛び散ってしまい遠隔転移してしまった、ということのようです。

じゃあこれを事前に防げたのか?というと、それもかなり難しいですよね。乳腺マッサージをしないわけにもいかないし、授乳中にマンモグラフィを受けるわけにもいかないし。悔しいけど、どうすることもできなかったというところはありそうです。

これを踏まえて自分たちはどう乳がんを防いでいけばいいのか考えると、やはりタイミングや状況に気をつけながら病院での検査を小まめに続けていくしかないのでしょうね。

麻央さんの癌は決して他人ごとではありません。
ブログで情報発信し続けてくれている麻央さんの為にも、毎日を大切に、自分や周りを大切に生きていかなくてはですね。

麻央さんの回復を心から祈ってます。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》

コメント

  1. 渡辺雅孝 より:

    麻央さん、あなたの姿を見ていると、心が詰まります。
    私の友達の奥さんが、乳がんになり亡くなられた経過をしっています。
    このままでは、あなたも同じ運命です。
    ここで何をしたら—-どう治療したらよいのか—–
    とにかく今のやり方ではダメです。

    確かに病院治療は必要でしょう—-

    同じ病院でも、自然の中にある病院に移動しましょう!!!!
    神様の創られた自然の中にに身をゆだねてください。
    人の作った薬ではなく、神様の創った薬でしかあなたを救える
    事はできません。100%の自然の中に—–
    自然と触れ合ってください。
    残された1つの道です。

    自然があなたを救ってくれます。
    つまりは—西洋医学はすばらしい!!
    しかし自然はそれ以上です。

    祈ります。————————————-

  2. 三浦克己 より:

    父親が昭和59年に潰瘍癌を手術し先生より直ぐ再発するので地元の医者で見てもらうように言われました。友達のお兄さんが病名は聞きませんでしたが私が18歳の時、癌になり友達が就職先から戻って来ました。その時から40年以上も生存しましたので何か癌に効き目のあるものを飲ませたのかと聞きましたら、漢方の薬で猿の腰掛・鳥とまらず・オーレンを飲ませたと言うので私も父に飲ませましたら18年も生存しました。(漢方は5年位しか飲みません)もっと強く飲ませればと・・・・後悔してます。