失業保険でもらえる金額を知っておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

マンション 売却 相場

実際にどの程度もらえるのか分かっていれば離職後の計画も立てやすいですよね^^

失業保険のもらえる日数と金額は離職理由や勤続年数によって決まっています。

まず一覧表を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

失業保険のお金はどのくらい貰えるか計算してみよう!

失業保険のもらい方5失業保険のもらい方6

例を使って説明します^^

例)Aさん30歳:雇用保険加入期間3年 自己都合退職 退職前6ヶ月間の給与合計額(ボーナスは除く)100万円

Aさんの場合、自己都合で退職し雇用保険の加入期間が3年なので、支給日数は90日になります。さらに自己都合の場合は給付制限があるため90日後から90日間ということになります。

次に支給される金額を見ていきます。Aさんは退職前の6ヶ月間で総額100万円の給与を受けています。これを画像の公式で求めると賃金日額=100万円÷180となり5,555円という答えが出ます。

しかしこれはあくまで概算。画像にある手順に沿って正確な金額を求めていくと・・。Aさんのもらえる基本手当日額は4,221円になります。

これを1ヶ月ごとの認定日にまとめてもらうわけです。しかし別記事でも書いたとおり、失業保険の給付を受けるためには「求職しているけど失業中」と認められる必要があります。

ではどうすれば認められるのか。

次はその内容についてはこちらを参考にしてください^^
失業保険の申請で必要なもの一覧」「失敗しない!失業保険の上手なもらい方」「自己都合退職と会社都合退職違い

次は絶対いい仕事につきたい!という人は、ハローワークによりいい条件の企業が紹介してもらえるリクルートエージェントがおすすめです!登録&利用料も無料ですし、ネットでできるのでまずは検索してみると転職活動を有利に進められるのでおすすめです^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》