結婚式の挨拶をしてくれた上司へのお礼は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

結婚式の挨拶をしてくれた上司へのお礼は?

結婚式は人生で一番幸せを感じる日。

みんなからの祝福ムードでいっぱいです。

 

主賓や乾杯の挨拶を盛り立ててくれる会社の上司。

 

ところで挨拶をしてくれた上司にお礼をするべきなのでしょうか?

また、どんなものでお礼をしたらいいのでしょうか?

 

知っていそうで知らない結婚式の挨拶のお礼について掘り下げてみましょう。

挨拶をしてくれた上司へのお礼はした方がいい?

結婚式でネクタイはピンクがいい理由

結婚式では新郎新婦それぞれに

一人ずつ主賓の挨拶をしてもらうのが一般的です。

お願いするのは会社の上司になることがほとんどでしょう。

 

結婚が決まった報告を兼ねて、主賓としての出席をお願いしたとき、

承諾を得られたからと安心するのは実は早いようです。

 

挨拶をお願いした上司へのお礼を考えなければなりません。

お礼はもちろん、した方が良いです。

 

これは一般常識であり、マナーでもあります。

結婚式への出席だけでなく、

主賓の挨拶をお願いしたのですから感謝の気持ちを込めてお礼をします。

スポンサーリンク

お礼の額は?

どのくらいのお礼がいいのかというと…

「御礼」または「御車代」として一万円程度をお渡しするのが一般的です。

 

「御車代」とするのは足を運んでくれたお礼の気持ちをこめて「御車代」と表書きをして

相手に必要以上の気遣いをさせないために、という配慮からと言われています。

 

その時、必ず祝儀袋に入れて渡してくださいね

祝儀袋は「一度きり」を意味する「結びきり」で、水引は10本「のし」付きが正式です。

 

また、乾杯の挨拶をお願いした人にも同様にお礼を渡しましょう。

渡すときは新郎新婦からでも良いですし、忙しいようであれば両親にお願いしてもOKです。

 

結婚式当日にお渡しするのがベストです。

 

お礼は品物でもいいの?

挨拶をしてくれた上司へお礼を渡すのに、

現金では気が引ける…という人もいるかもしれませんね。

 

その場合は商品券はどうでしょうか。

金品であることには変わりないのですが…気持ちの問題とでもいいましょうか。

現金でも商品券でも常識的には問題ありません。

「お好きなものをご自由にお求めください」という気づかいを込めることができます。

商品券であれば、引き出物の中に入れても不自然ではないので、気負うことなく渡せそうですね。

喜ばれるワンポイント!

他にもこんな例があります。

 

会社の社長が主賓の挨拶をしてくれたのですが、現金だけでは逆に失礼な気がして

現金の他にお茶のセットと手書きの手紙を一緒に渡したというもの。

 

主賓の挨拶をしてくれる相手のリサーチを事前にしておいて

喜ばれそうな品物と手書きのカードを一緒に渡したというもの。

 

ポイントは手書きの手紙やカードです。

ただ、現金だけ、ただ、品物だけというのは、礼儀だから渡す事務的な行動です。

 

そこに人の手が加わった気持ちのこもったものがプラスされることで

貰った側はとても喜んでくれたと評判です。

 

お礼なので心のこもったものをプラスすることで、印象は全然違うんですね。

ここでのお礼とは別に、後日、主賓の挨拶・乾杯の挨拶を依頼した方にはお礼状を出すのも忘れずに

お中元やお歳暮は贈るべき?

年始の挨拶まわりの粗品は?押さえておきたいポイント

主賓の挨拶をしてもらった上司にお中元やお歳暮は贈るべきでしょうか?

これは難しい問題ですね。

 

主賓挨拶へのお礼は結婚式当日にきちんとしているはずなので

お歳暮・お中元に関しては絶対ではありません

 

例えば、結婚式が秋だったので、その年のお歳暮は贈るとか

2月の結婚式で挨拶をお願いしているので、よろしくお願いしますを兼ねてお歳暮を贈るなど

結婚式の時期にもよります。

仕事以外に個人的にお世話になっていて、毎年贈っている場合は贈るべきでしょう。

 

基本的には結婚式に近いお歳暮の時期に1回きりで贈るのが一般的です。

逆に相手側に気を遣わせてしまう可能性もありますから、毎年贈ることはしなくても大丈夫です。

 

お歳暮よりも近況報告を兼ねた年賀状は毎年贈ると良いですね。

子どもが生まれたりすれば、写真付きで送ると喜ばれます。

結婚式はつい自分たちの忙しさでいっぱいになってしまいがち。

 

しかし結婚式に出席してくれるゲストは、

わざわざ足を運んでくれるのですからきちんとおもてなししましょう。

特に挨拶をお願いした方には、気づかいとまごころを忘れずに^^

結婚式の挨拶をしてくれた上司へのお礼は?まとめ

 

・主賓の挨拶、乾杯の挨拶をお願いした相手には必ずお礼をするのがマナー

 

・「お車代」として一万円程度を必ず祝儀袋に入れて渡すこと

 

・品物で渡しても良い。気持ちが伝わる手紙やカードを添えると喜ばれる

 

・お歳暮はその年一度きりで送っても良い。年賀状は毎年送ること

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》