結婚式で挨拶をいただいた方へ!お礼の書き方のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

結婚式で挨拶をいただいた方へ!お礼の書き方のポイント

結婚式が終わってほっとするのもつかの間、次に待っているのはお礼をどうするかです。

結婚式に出席してくれた人、主賓挨拶や乾杯挨拶をしてくれた人
更には余興や司会などをお願いした人…

たくさんの方の協力があって結婚式が成功したのですからお礼をするのが礼儀です。
そのお礼に何を書いたらいいか分からないという声をよく聞きます。

ここではお礼状の書き方とポイントをご紹介していきます。

ポイントを押さえればお礼の書き方はそんなに難しものではないですよ。

結婚式に出席してくれた方へのお礼状は?

結婚式で挨拶をいただいた方へ!お礼の書き方のポイント

結婚式には親族や友達、または遠方からわざわざ足を運んでくる人もいます。
そういった人たちには、結婚式が終わったらお礼をするのが礼儀です。

また、主賓の挨拶や乾杯の挨拶などお願いした相手にも
後日、手紙という形でお礼状を出しましょう。

よく年賀状などのハガキで済ませる場合もありますが
ご祝儀をいただいている場合や、年齢が上の方に対しては手紙というスタイルで出すのが一般的です。

内祝いの品を送る際に、お礼状を添えて渡すと気持ちが伝わって喜ばれます。

結婚式が終わったからといって、あとは知らぬ顔をしていると
出席してくれた相手には失礼に当たりますし、その後の関係にも影響するでしょう。

結婚式が終わったらすぐにでもお礼状を書き始めましょう。
お礼状はなるべく早いうちに出すのが大人の常識です。

スポンサーリンク

結婚式のお礼を書く場合のポイント

結婚式は一生に一回ですから、お礼状といっても何を書いたらいいか分からない人が多いのではないでしょうか。
上司や会社関係にあたるゲストと昔からの友人にあてるお礼状が一緒というわけにはいきません。

思い浮かんだ言葉をただ並べるだけ、というのもまとまりがありません。
まずポイントを押さえておきましょう。

・お礼の気持ちを述べること
・自分だけでなく、二人が喜んでいる様子を伝えること
・今後のおつきあいや支援をお願いする言葉を入れること

 

便箋になるべく手書きで書きます。
縦書き・横書きはどちらでも問題はありません。

一番大切なのはなるべく早くお礼の気持ちを送ることですよ

お礼状の具体的な書き方と例文

お礼状の書き方をご紹介していきましょう。
まず、全体の流れです。

・文頭は時候の挨拶で始めます。
・冒頭には、この手紙の中で一番言いたいこと、ここではお礼の言葉を書きます。
・本文を書きます。
・文末には結びの言葉を入れます。

ここで馴染みが薄いのは時候の挨拶でしょうか。
季節ごとの例文を上げておきます。

文頭の時候の挨拶

お礼状を出す季節に合わせて季語を入れた時候の挨拶を書きます。

春なら
「桜の満開の時期を迎えました。○○様におきましてはお健やかにお過ごしのことと存じ上げます」
「新緑の侯」「陽春の侯」など

夏なら
「暑中お見舞い申し上げます。○○様におきましてはお変わりなくお過ごしのことお慶び申し上げます」
「盛夏の侯」「残暑の侯」など

秋なら
「コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。○○様におきましてはお健やかにお過ごしのことと存じ上げます」
「初秋の侯」「晩秋の侯」など

冬なら
「師走に入り、あわただしい毎日が続いております。○○様におきましてはお変わりなくお過ごしのことお慶び申し上げます」
「初冬の侯」「厳寒の侯」など

本文の最初には素直にお礼の言葉を述べます。

「出席いただきありがとうございました」「わざわざ遠方から足を運んでくださり感謝しております」
本文の中文は自由文を書きます。できるだけ具体的に近況、抱負などを述べます。

また、結婚式でその方にまつわるエピソードなどあれば付け加えると、オリジナルな感じが出てとても良いです。

本文の結びには今後のおつき合いや支援、またはご指導をお願いする文章を必ず入れます。
「今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます」「あたたかい目で見守っていただきますようお願い申し上げます」

びの言葉には相手の健康を気づかう言葉を入れると良いです。
「寒い日が続きます。お身体は大切にしてください」「健康に気を付けて穏やかにお過ごしください」
心を込めて丁寧に書いていってくださいね。

式には出席していないけれど、お祝いをいただいている場合

結婚式で挨拶をいただいた方へ!お礼の書き方のポイント

結婚式には参加できないけれど、お祝いをいただくこともありますよね。
また、後からお祝いの品などが届く場合もあります。

そういう相手にも、もちろん早い段階でお礼をするのが常識です。
内祝いやお礼状をすぐに出しておいて、実際に会った時にもお礼の言葉を述べましょう。

お礼状の基本的なポイントは大きくは変わりません。
「結婚式に出席いただいたお礼」ではなく、「お祝いをいただいたお礼」になります。

また品物でいただいている場合は、その内容に触れると良いでしょう。

「機能的な上にデザインもモダンで本当に嬉しく思っております。早速使わせていただきます」
「おそろいのパジャマは照れ臭いですが、着心地も良く大変気に入っております」

機械的な言葉だけでは、中々気持ちは伝わりません。
贈る相手に特化した文章を自分らしい言葉で入れてみてくださいね。

堅苦しい挨拶は苦手だという人もいるとは思いますが
ポイントさえ押さえていれば、そんなにかしこまったものにする必要はありません。

大切なのは感謝を伝えたいという気持ちですよ^^

結婚式で挨拶をいただいた方へ!まとめ

・結婚式に出席してくれた方に出すお礼はなるべく早いうちに出すこと

・気持ちが伝わるように心を込めて手書きで書きましょう

・時候の挨拶で季節感を出し、感謝と相手を気づかう言葉を使うこと

・お祝いのみをいただいている場合も、早い段階でお礼をするのが礼儀です

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》