自宅やコインランドリーの乾燥機の時間の目安は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

乾燥機って乾きにくい?時間の目安とお得に使う方法

これから突入する梅雨シーズン。
毎年、悩むのが洗濯物が乾かないこと…。

部屋干しにしたとしても、何日も雨が続けば、洗濯物を干すスペースもなくなってしまいますよね。そんな時に便利なのが乾燥機です。今は洗濯機に乾燥機がついていたり、コインランドリーを使う手もあります。

でも、乾燥機って時間がかかるし、電気代もかかるんじゃ…そんな心配をしている人も多いかと思います。ここでは、乾燥機で乾かす時間の目安や、電気代の相場など気になる疑問を解決します(´∇`)

スポンサーリンク

家庭で使う乾燥機の場合

乾燥機って乾きにくい?時間の目安とお得に使う方法

自宅で使える乾燥機には2種類あります。
ひとつはガスで乾かすタイプ、もうひとつは電気で乾かすタイプ

乾きが早いのはガスの方ですが、取り付け時に工事が必要なので
その工費を節約するためにも電気で乾かすタイプが一般的です。

家庭で乾燥機を使用した場合、どのくらいの時間で乾くかというと…
一般的な洗濯物で、だいたい2時間~3時間となります。

そんなにかかるの?と思う人もいるかもしれません。

家庭では使える電気の量が限られているので
ちゃんと乾くまでに時間がかかるんですね。

もちろん、乾かすものにもよります。
薄手のもの(Yシャツやカットソー)ならもう少し早く乾きます。
厚手のもの(セーターやジーンズ)ならもっと時間がかかるかもしれません。

もっと言えば、毛布やコタツ布団などを乾燥機で乾かせば
5時間以上はかかるでしょう。

家庭で乾燥機を使用すると電気代が跳ね上がる!?

毎日3時間も乾燥機に電気を使っていたら…
電気代にどれだけ影響があるのか気になりますね!

電気の乾燥機の電気代は目安として1時間25円~30円程度です。
3時間なら75円~90円になりますね。

これを毎日使ったとすると…30日としても、2250円~2700円となります。
これを高いと感じるか、安いと感じるかは、人それぞれですけどね…。

工夫次第では、もう少し安くなると思います。
上手く利用していけば、とても便利に使えますよね^^

省エネで人気の乾燥機です。花粉で外に干せない時も重宝します^^↓↓

コインランドリーで使う乾燥機の場合

乾燥機って乾きにくい?時間の目安とお得に使う方法

コインランドリーでも乾燥機は使えます。
布団やシーツなど大きいものを洗う場合は、コインランドリーを活用する人もいますよね。

コインランドリーで乾燥機を使用した場合、どのくらいの時間で乾くかというと…
一般的な洗濯物で、だいたい30分~40分です。

厚手のものや大きいものが入ったとしても1時間はかからないです。
料金は10分で100円~が相場ですね。

30分なら300円かかるので、家で乾燥機を使うより割高になります。
その代わり、高熱、短時間で乾かすので衣類の痛みを少なくして、ふんわり仕上げてくれます。毛布やタオルなどは、たまに使用しても良いかもしれません。

乾燥機に使う電気代を節約するには…?

便利なのは分かるけれど、やはり電気代は節約したい。そんな人の為に、3つの対策をご案内します。

 省エネな乾燥機を選ぶ

もし、これから乾燥機購入をお考えなら…
是非、省エネな「ヒートポンプ乾燥タイプ」の乾燥機を選びましょう。乾燥機にはヒーター乾燥タイプとヒートポンプ乾燥タイプの2種類があります。

高温の熱風を利用するヒーター乾燥タイプに対して、空気中に含まれる熱を使って乾かすヒートポンプ乾燥タイプは1回の利用で電気代が10円~20円割安になります。

電気料金の契約を見直す

電気料金には「一般電灯契約」と「時間帯別契約」があるってご存知ですか?

一般電灯契約の場合、24時間一定の電気代がかかります。時間帯別契約の場合、日中は一般電灯契約より高いものの、深夜は一般電灯契約の半額になります。

乾燥機はタイマーがついているものがほとんどです。
深夜時間にあたる23:00~7:00の間に乾燥機を使用すると料金がグッと抑えられますよ。

部屋干しと併用する

洗濯が終わったらそのまま、乾燥機に入れるのではなく、一度部屋干しをして、ある程度乾いてから乾燥機で仕上げる方法です。

これなら乾燥機を使用する時間が短くなるので、料金も抑えられます。乾燥機も工夫をして使用すれば、生活に欠かせない便利さがありますよね。今度の梅雨は乾燥機で洗濯物の悩みを吹き飛ばしてしまいましょう(´∇`)

乾燥機って乾きにくい?まとめ

・家庭用乾燥機なら乾くまで2時間~3時間、布団や毛布などは5時間以上かかることも

・コインランドリーで乾燥機を使用すると30分~40分で乾かせる。ただし、料金は割高

・乾燥機に使う電気代を節約したいなら、ヒートポンプ乾燥タイプの乾燥機を選ぶ事

・乾燥機に使う電気代を節約したいなら、電気料金契約を見直して料金の安い深夜時間を狙う

・乾燥機に使う電気代を節約したいなら、部屋干しと併用してもOK

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》