確定申告と源泉徴収!違いやポイントは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

確定申告と源泉徴収!違いやポイントは?
確定申告と源泉徴収。

2つ共イマイチ意味がわからない。
自分はどっちをしたらいいのか?
結局やらなきゃダメなのか?

税金のことって難しいですよね^^;

まずは簡単なポイントだけでも押さえていきましょう!

確定申告とは?

確定申告とは、
正しい所得税を計算する為に行う申告のことです。

1年間の収入−控除=所得税

勤めている人が源泉徴収票を使って確定申告を行う場合と、
事業主が源泉徴収票を持たず、確定申告する場合があります。

スポンサーリンク

源泉徴収とは?

源泉徴収とは、
会社など事業者が1年間の賃金を予想して、
この仮定に対して税金を天引き(厳選)して
税務署に納税する事を言います。

源泉徴収は企業に勤めている場合、
通常企業側で行います。

控除した後の額のことを源泉徴収額といい、
そして源泉徴収した後にもらえるのが源泉徴収票です。

会社員の人が確定申告する場合、
この源泉徴収票が必要となります。

なので、会社の源泉徴収をしただけでは
本当の税金額は確定していません。

この源泉徴収額と所得税の差額を
精算するのが年末調整や確定申告です。

全員が確定申告をしなくてはいけないのか?

というとそうではなく。

もし給料の他に所得が無ければ源泉徴収だけで、
確定申告の義務はありません。

給与所得以外に、
収入が20万円越えると確定申告義務が出てきます。

なんとなく理解できてきたでしょうか^^;?

税金のことって最初は少し難しいんですけど、
知っておくと無駄な税金を支払わなくて良くなりますし、
世の中の仕組みを知る勉強にもなります。

もし会社が副業を認めているのであれば、
会社に勤めながら他にも収入を持つということもできます。

すると経費を持つことができます。

そうなれば事業に使えるお金も増やすことができますし、
事業に関係のあることであれば投資もできるようになりますし、
節税ができる可能性があります。

もちろん会社を辞めて起業するのは
安易におすすめできませんが、
副業などで事業者になるということは、
メリットが多いので個人的にはおすすめです。

税処理に難しいものを
税理士さんにお任せするもいいですが、
まずは自分で行って税金の仕組みを覚えることは大切です。

わたしも確定申告の初年度は難しかったんですけど、
確定申告を簡単にしてくれるツールを使うと、
意外と簡単にできるようになりました^^

クラウド会計のFreeというものを使っているのですが、
通帳やカードを登録しておくと
あとは自動に情報を取得してくれるので確定申告も簡単です♫

クラウド会計ソフト Free

まずは知ることから。

まずはやってみることから始めましょう♫

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》