じゃがいもをレンジすると変色するのはなぜ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

じゃがいもをレンジすると変色するのはなぜ?

みんなが大好きじゃがいも♫

手軽に食べたい!って思った時には
レンジでチンしちゃうのが早いけど
変色しちゃったことってありませんか?

変色してしまう理由と、
変色しない予防法や対処法をご紹介します。

じゃがいもの変色はなぜ起こるのか?

りんごの皮を向いて放置すると
茶色っぽくなってしまったことありませんか?

これはりんごの細胞に含まれている
ポリフェノールが原因で起こっているのですが、
じゃがいもにも同じ現象が起きます。

じゃがいもの皮を剥くと、

じゃがいもが空気に直接さらされてしまいます。

するとアミノ酸の一つでもあるチロシンという物質が
チロシナーゼという酵素の働きで
メラニンという黒い色素に変わってしまいます。

これが変色が起こる原因です。

変色はレンジで熱を加えたから起こったわけではなくて、
じゃがいもが空気に触れている時間が
長くなってしまったので変色していたんです。

変色を防ぐ予防法とは?

ではどうすればじゃがいもは変色しないように

できるのでしょうか?

さっき話したじゃがいもを
変色させてしまう酵素チロシナーゼ。

実は、チロシナーゼは水に溶けます

なので、じゃがいもの皮を剥いたら

まず水にさらすようにしてくださいね。

一度長時間水にさらすとチロシナーゼがなくなってくるので、

その後だと酸素に触れても変色しなくなるそうです。

もし水にさらす時間がない場合は、
皮を剥かずに調理することがオススメです。

じゃがいもを皮のまま汚れをよく落として、
そのままラップに包んでチンすればOKです。

ただ問題なのは、
もともとじゃがいもに芽が付いていたり
変色していた場合気づきにくいということです。

酸素に触れて変色しただけだと
味にはさほど問題もないですし
身体への害はありません。

でも芽にはソラニンという毒が含まれているので、
皮をむいてよく確かめてから食べてくださいね。

変色してしまった時の対処法

レンジなど変色してしまったじゃがいもを
元どおりに戻すことはできません。

食べても毒性があるわけではないですが、
その部分だけ切って白い部分だけ使うようにしましょう。

じゃがいもが元々変色していたら?!

じゃがいもの芽には毒があることは有名ですが、
実は芽だけではなくて緑色に変色した部分にも
毒のソラニンは存在しています。

じゃがいもは明るい場所に保管しておくと、
芽が出なくても緑っぽくなってしまうことがあります。

そうなってしまった場合は、
緑の部分は切って使ってください。

それでも渋みを感じる時は、
そのじゃがいもは捨ててしまった方がいいと思います。

ソラニンには毒があると言っても猛毒ではなくて、
大量に摂取しない限り深刻な健康被害は
起こらないそうです。

万が一食べてしまった場合は、
もし嘔吐や下痢などの症状がなければ
自然に分解できるので問題ないそうです。

ちなににじゃがいもが紫になっている場合もあります。
紫になってる時は、毒性のソラニンではなく、
メラニンやアントシアニンによるものなので
食べても問題無いそうです。

とはいえなんとなく色が変わっているところは
食べる気がひけますよね^^;

そういう時は、
その部分だけ切って白い部分だけ食べましょう。

あと変な味する時も、やめておきましょう。

じゃがいもの保管法

明るいところで保存すると緑になったり芽が出たり。
出来るだけ10度から15度くらいのところで、
紙袋や新聞紙できた袋などに入れて保存します。

じゃがいもが呼吸できる方がいいですよ。

じゃがいもだけでなく、

野菜は呼吸できる穴があるようなものとか。

こういうのに野菜を全部入れておくのも楽ですよ。

冷蔵庫を開ける回数も減ります^^

【8000円以上で送料無料】渡辺金属工業 野菜ストッカー じゃがいも7.2kgサイズ YS 30 A ...

 野菜ストッカー じゃがいも7.2kgサイズ…
価格:5,018円(税込、送料別)

そしてその中にできればりんごを丸ごと1個入れます。

すると痛みにくくなります^^

じゃがいもをレンジすると変色?! まとめ

じゃがいもの変色
茶色は、劣化なので食べても問題無し。

緑色は、毒性がある。
紫色は、食べても問題無し。

保存方法に気をつけて、
おいしいじゃがいもたくさん食べたいですね^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》