じゃがいもを電子レンジで皮むきしちゃお♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2e8c3325f9969f616143cf134235deea_s

じゃがいもは好きだけど、
皮をむくのが面倒で…。

じゃがいも好きとしては永遠のテーマですよね^^;

たくさん食べたいけど、面倒!!!

そんなお悩みを解決する簡単皮むき法を
ご紹介しますので、ぜひやってみてくださいね^^

電子レンジで簡単に皮をむく方法

まずこちらをご覧ください。↓

めちゃくちゃ簡単ですよね^^

スポンサーリンク

手順のおさらいと注意点

①じゃがいもを洗って、
包丁で2mmくらいの切れ込みを中心にぐるっと一周入れる。

②じゃがいもがすっぽり入る耐熱容器に切り込みを入れた
じゃがいもを入れて蓋をして、レンジで5分くらいチンする。

③竹串などで中までちゃんと柔らかく
なっているかを確認します。

スーッと竹串が入ればOK!
できなければもう一度チンで。

でもチンしすぎるとじゃがいもが硬くなってしまうので、
注意してくださいね。

④中まで柔らかくなったらまな板の上に乗せて、
両端をくるっと回すとポロっと皮が取れます。

できあがり〜♫

めちゃめちゃ簡単でしょ^^

じゃがいもがすっぽり入る耐熱容器がなければ、

ラップで包んでチンしても大丈夫ですよ。

お鍋で茹でて簡単に皮をむく方法

お鍋では大量にゆでることができるので、
たくさんふかし芋を作りたいときは断然お鍋が便利!

お鍋で簡単に皮をむく方法もご紹介します。

手順と注意点

①お湯を沸かします。塩を入れます。

②じゃがいもを洗って、
包丁で2mmくらいの切れ込みを中心にぐるっと一周入れます。

③お湯が沸いたら、じゃがいもを入れて15分くらい茹でます。
竹串がスーッと刺されば出来上がりの合図です。

④ボウルに氷水を用意して、
茹で上がったじゃがいもを入れます。

⑤水気を拭き取って両端から引っ張ればあら不思議。

簡単に皮が剥けます♫

ピーラーで剥くのもいいですが、
この方法の方がやっぱり楽です。

でもカレーやシチューや皮をむいてから
料理しないといけないものは不向きですね。

ではこのふかし芋を使って
どんな料理ができるか考えてみました。

ふかし芋でできる料理

せっかく簡単に皮をむく方法を知ったのだから、
活用して簡単料理したいですよね!

ふかし芋でできる料理をざっとあげてみます。

・ジャガバター♡
・ポテトサラダ
・マッシュポテト
・ポテトグラタン
・ポテトコロッケ
・ニョッキ
・いももち

などなど。

まだまだ色々ありますが、
ふかし芋で料理すると思うと範囲が限られてしまいます。

でもじゃがいもをカレーを調理する段階で入れないで、
カレーが出来てからお皿に盛った時に一口大に切った
ふかし芋を一緒に乗せてカレーをかけてもいいですし。

同じようにシチューでもなんでもできます。

そうすれば簡単ふかし芋の可能性も広がりますね^^

皮をむかずに料理するメリット

じゃがいもの皮は簡単にむけるようになりましたが、
実際皮をむく必要はあるのでしょうか?

よくカロリー表などにじゃがいもの栄養素が出ていますが、
これは皮こみの栄養素です。

じゃがいもにはたくさんの栄養素が含まれていますが、
実は皮の周りには更に栄養素が豊富に含まれています。

タンパク質、ビタミン、葉酸、ミネラルなどが多く含まれていて、
その中でも注目したいのが
ポリフェノールの一種のクロロゲン酸です!

クロロゲン酸には、抗酸化作用があり、
悪玉コレステロール値を低下させて動脈硬化を防ぎ、ガンを予防してくれます。

こんなに栄養が豊富なのですが皮をむいたことで、
その栄養価は取れなくなってしまいます。

昔からじゃがいもが食べられてたドイツでは、
じゃがいもを皮ごと食べるのは当たり前だそうです。

なので皮をむく必要がある時は
もちろんむいたほうがいいですけど、
むく必要がない時はそのまま楽しんみてはどうでしょうか?

その時の注意事項ですが、
じゃがいもは日光に当ててしまうと緑色に変色してしまい、
食べてはいけない毒素を作り出してしまいます。

緑っぽくなっているところは皮をむいて取り除いたり、
その部分はカットして食べないようにしてくださいね。

電子レンジで簡単皮むきもいいですが、
じゃがいもを皮ごと食べる料理にも挑戦してみては?

皮をむかず手間すら省ければ、
究極の簡単料理になりますね^^

ぜひぜひお試しください♫

まとめ

じゃがいもの皮は、
切れ込みを入れて電子レンジチンするだけで簡単にむけます♫

でも皮にもたくさん栄養があるから、食べてみてー^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》