十五夜とはどんな意味があるの?何をする日なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

十五夜とはどんな意味があるの?何をする日なの

日が暮れてから空を見上げるとぽっかりと月が浮かんでいることがあります。毎日少しずつ形を変えていく月はとても不思議な存在ですね。

そんな月が注目される行事の中に「十五夜」があります。なんとなく月を見ながらお団子を食べるというイメージがありますが、実際にはどんな意味があって、何をする日なのでしょうか。知っているようで知らなかった十五夜とは、について分かりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

十五夜ってどんな意味があるの

日本の秋の風物詩ともいわれている十五夜

同じような意味として「中秋の名月」や「芋の名月」とも呼ばれています。

月は毎月、毎日のように満ち欠けを繰り返しています。
昔はこの月の満ち欠けで日付を決めていたほど、大切なものでした。

そんな旧暦では十五夜というと、8月の15日の満月を意味していました。
旧暦での秋は7月~9月となっていたので、その真ん中に当たる8月15日を
中秋と呼んでいたそうです。

満ち欠けを繰り返す月の様子や作物が月の満ち欠けに合わせて成長することから
人々は以下のようなことを連想したそうです。

・作物の収穫
・物事の結実
・先祖とのつながり

そんな月の恵みに感謝しましょうということで祈りを捧げるようになったのが
十五夜の始まりです。

新暦での十五夜は9月7日~10月8日までにあたります。

具体的に十五夜っていつ?

十五夜とはどんな意味があるの?何をする日なの

十五夜の意味が分かったところで、次に気になるのが
具体的にいつなの?という部分です。

意味を参考にすると、毎年8月15日が十五夜なんだと思ってしまいますが
実際には十五夜毎年日にちが変わります

その理由は月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている現在の暦には
ズレが生じるからです。

その結果、現在では9月初旬~10月初旬の間に旧暦の8月15日がやってきます
さすがにこれだけ幅があると特定が大変なので、十五夜関連行事を9月15日に固定化している場合もあります。

でも正確には違うことを覚えておきましょう。
ちなみに…2016年の十五夜は9月15日です。

そして、もうひとつ。
十五夜の月というと「満月」を連想する人が多いと思います。

しかし正確には満月であることは珍しく、1日か2日ほどズレていることがほとんどです
十五夜は必ずしも満月とは限らないんですね。

なぜズレてしまうのかというと、これは月が満月にある周期にも
14日~16日と振れ幅があるからです。

十五夜には何をするの?用意する食べ物を教えて

十五夜とはどんな意味があるの?何をする日なの

十五夜について知ったところで、実際に十五夜には何をするのでしょうか。
十五夜の楽しみ方を考えていきましょう。

十五夜の夜は月がキレイに見える場所に「月見台」と呼ばれるお供えをする場所を用意して、月を見ることが基本になります。

家の中であれば、縁側やベランダ、窓辺など、とにかく月が見える場所ならどこでもOKです。
そして月見台に月見団子や里芋、果物などお供え物を飾ります。

例えばこんなもの↓↓

ところで、どうして月見団子なのでしょうか。
お月見の日にお団子を供える習慣は、江戸時代からと言われています。

月を信仰の対象として、収穫に感謝するために供えられます。
月のように丸い団子を月に見立ててお供えしたのが始まりです。

場所によっては里芋を月に見立てる地域もあり、風習は様々です。

そしてお月見団子と一緒に飾りとして見かけるのが「ススキ」です。
ススキは見た目が稲穂に似ていることから、豊作を願って飾られるようです。

十五夜の日は食卓も窓辺に動かして月を見ながら食事を楽しむのもおすすめです。
部屋の照明を落としたり、照明器具を工夫して雰囲気を作るのも楽しいですね。

十五夜の楽しみ方に決まりはありませんので
各家庭で思い思いのお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

十五夜の意味やどんなことをするのかなど、理解を深めることはできましたか。

日頃、忙しくてなかなか月を見上げる暇がない人でも、十五夜だけはちょっと意識して月を見上げて感謝するのも良いですね。

年に一度の月に感謝する夜として、大切にしていきたい習慣のひとつです。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》