時候の挨拶!2月なら?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

時候の挨拶!2月の素敵で使えるフレーズ

寒い寒い2月。

まだまだ厚着で背中を丸くして歩いている人が多い季節です。

しかし暦の上では立春を迎え、春になろうとしています。

 

ちょうど冬と春の間に存在するのが2月なんですね。

ということは…

お礼状などの時候の挨拶にはどんな言葉を持ってきたらいいのかしら?

 

そんな風に悩む人も少なくありません。

ここではそんな2月の時候の挨拶をご紹介します。

 

ビジネスで使えるものと、

普段使いのものを例文を上げて見ていきます。

参考してみてくださいね^^

 

2月の時候の挨拶で気を付けること

 

まずは注意事項です。

2月の挨拶の中で気を付けたいのは「立春」「雨水」です。

 

「立春」は春になることを表した言葉で、実際には2月4日頃を表します。

しかし「立春」の期間は「雨水」までです。

 

「雨水」は2月18日~19日頃を表します。

実際の挨拶として「立春」が使えるのは2月19日までです。

 

それを過ぎたら「立春」は使わないのが常識となっています。

知らない人の方が多い、難しい分かれ目ですね。

 

それを踏まえた上で、例文をいくつかあげてみましょう。

 

ビジネスで使える2月の挨拶文

 

ビジネスの中で使うのであれば、

「〜の候」というような硬い言い方をします。

上旬なら寒さを強調する言葉、

中旬以降なら春を感じさせる言葉を使います。

 

ビジネスに使える2月の例文を紹介してきます。

 

スポンサーリンク

時候の挨拶 2月の文例①

・厳寒の候、皆様ご清栄のこととお慶び申し上げます

2月上旬の厳しい寒さを物語るような挨拶文です。身の引き締まる思いですね。

 

時候の挨拶 2月の文例②

・立春の候、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます

2月中旬、19日までなら立春です。

春という字が少し寒さを和らげてくれるイメージですね。

 

時候の挨拶!2月の文例③

・梅鴬の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

2月下旬なら梅が咲き始めますから、

こんな挨拶の言葉はいかがでしょうか。

 

文例①は寒い2月を表現しています。

文例②や③は徐々に春を感じさせるので、気持ち的にもホッとしてしまいますね。

 

しっくりくる言葉が見つかると良いですね。

 

親しい方へのお礼状・招待状で使える2月の挨拶文

時候の挨拶!2月の素敵で使えるフレーズ

ビジネスでないのなら堅苦しい挨拶よりも、

もう少し親しみやすい挨拶の方が貰った方も嬉しいです。

 

2月ならまだ、風邪をひきやすい時期でもあるので

相手の健康を気づかう言葉などが入るといいですね。

 

ここでは2月の文頭の文例と結びの例文を紹介していきます。

 

時候の挨拶 2月の文頭の文例①

・寒気も少しずつ緩み始めましたが、皆様いかがお過ごしですか

2月初旬に持ってくるとしっくりくる挨拶文です。

まだ寒さが続くときは言葉を変えてみましょう。

 

時候の挨拶 2月の文頭の文例②

・節分を過ぎ、梅の開花が待たれる頃となりました

2月中頃には少し春を思わせる挨拶にすると良いでしょう。

 

時候の挨拶 2月の文頭の文例③

・梅香る季節となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか

これはもう春を感じさせるホッとする挨拶ですね。

2月下旬に贈ると喜ばれます。

 

時候の挨拶 2月の結びの文例①

・まだまだ寒い毎日です。風邪などひかれませんように

2月上旬はまだ寒い日が続くので、

相手を労わるような言葉を添えると良いでしょう。

 

時候の挨拶 2月の結びの文例②

・春の訪れを待ちわびながら、お互い元気に過ごしましょう

春はすぐそこですという

ワクワク感を感じさせる結びの言葉ですね。

 

もちろん文頭と結びの言葉が表す季節がずれていては、

せっかくの挨拶が台無しです。

読み直して違和感がないか確認するもの忘れずに。

 

毎年の季節の移り変わりもいつも同じではないので、

肌で感じる温度などで判断してみてくださいね。

地方によっては季節感に一番差が出るのが2月なのかもしれません。

 

あなたなりの2月の挨拶文を探してみるのも、面白いですよ^^

2月時候の挨拶まとめ

 

・2月は「立春」と「雨水」に気をつけること!

 

・ビジネスでの時候の挨拶は

「厳寒の候」「立春の候」などを使用する。

 

・お礼状や招待状での時候の挨拶は、

文頭と結びの言葉の季節がずれないように気をつけること。

 

・毎年季節感が違うので、

その年の2月に合わせて時候の挨拶を決めること。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》