時候の挨拶!10月末なら?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

時候の挨拶10月末に使える例文

10月といえば、実りの秋、

芸術の秋などやる気にみちた月ですね。

暑さが和らいで食欲も増し、

何かを始める活力に満ちてきます。

 

10月末となると、朝と夜の気温差が大きくなり

少しずつ冬へ移り変わる様を感じられる季節でもあります。

 

そんな10月末に使う時候の挨拶はどんなものがあるでしょうか?

ここでは10月末に使える時候の挨拶文をご紹介していきます。

 

ビジネスで使えるものと、

普段使いのものを例文を上げていくので

参考してみてくださいね^^

 

10月末の時候の挨拶で気を付けること

 

スポンサーリンク

贈る相手の住んでいる場所に気を付けましょう

近くに住んでいる場合はいいのですが、

北の方に住んでいるまたは、

九州・沖縄など南の方に住んでいる場合は注意が必要です。

 

「紅葉の候」と書いたところで

「もう紅葉は散ってるよ」とか思われてしまいます。

微妙なズレが発生するんですね。

 

日増しに冷え込みが感じられる年もあれば、

夏が長くて中々紅葉が色づかない年もあります。

その年の季節感をに応じて

10月の時候の挨拶は使い分けてみてくださいね。

 

ビジネスで使える10月の挨拶文

 

硬い言い回しの多いビジネスの挨拶文。

10月末は実際の季節の移り変わりに合わせて

言葉を選ぶようにしましょう。

 

ビジネスに使える10月の例文を紹介してきます。

 

文例①

・秋霜の候、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。

朝の冷え込みから秋でも霜がおりることがあります。

冷え込みが早ければ10月末にピッタリでしょう。

 

文例②

・紅葉の候、貴社におかれましては益々ご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。

10月全般で使えますが、今では10月末の時候の挨拶に使われます。

紅葉が色づき始めた頃を見計らって使うと季節感がでて喜ばれます。

 

文例③

・秋冷の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

徐々に秋が深まり涼しくなっていく様を表しています。

こんな挨拶もおすすめですよ。

 

例文①と③は朝晩が冷えてくる頃に

合わせて使うと季節感がたっぷりですね。

文例②は木々の葉が色づきだす頃ですが、

住む場所によっても違うので見極めて使用しましょう。

 

親しい方へのお礼状・招待状で使える10月の挨拶文

 時候の挨拶10月末に使える例文

10月の時候の挨拶は割と思い浮かぶ言葉が多いのが特徴です。

最近だと手紙にこだわることはなく、

メールでも使用するとグッと季節感が増しますよ。

 

ここでは10月の文頭の文例と結びの例文を紹介していきます。

 

文頭の文例①

・朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、お変わりございませんか?

10月末の冷え込みを表しています。

相手の体調を気づかうのも喜ばれます。

 

文頭の文例②

・前略 お元気でお過ごしでしょうか。

早速ですが芸術の秋にふさわしいお誘いのお知らせです。

芸術の秋というところが、いかにも秋らしい挨拶文です。

招待状に合わせて使用してみてください。

 

文頭の文例③

・日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか?

日ごとに寒さを増して秋っぽくなる様を表していますね。

10月末は秋を強調すると良いでしょう。

 

結びの文例①

・これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体にお気をつけください。

10月以降の冬の訪れを感じさせる挨拶文です。

結びの文に体調を気づかう文を入れても良いですね。

 

結びの文例②

・秋の夜長、近いうちにお会いできますのを心待ちにしています。

冬至に向けて夜が長くなるのも秋です。

10月末となると更に夜長になりますね。

 

紹介したのはほんの一例ですが、

10月にまつわる言葉を入れてオリジナルな時候の挨拶を考えるのもありです。

お月見、虫の声、栗や柿などの果物、

すすきや菊などの植物とたくさんありますよ。

 

季節で言うと秋にあたる10月ですが、

気候的には少しずつ涼しい日が増えて過ごしやすくなりますね。

少しずつでいいので

10月の季節の挨拶を取り入れてみるのはいかがでしょうか^^?

 年始の挨拶まわりの粗品のポイントは?>

 

10月時候の挨拶まとめ

 

・気候は場所や毎年の季節によって違うので、

 見極めて挨拶文を使用すること。

 

・ビジネスでの時候の挨拶は、

 「秋霜の候」や「秋冷の候」などを使用すること

 

・お礼状や招待状での時候の挨拶は、

 相手の体調を気づかうような言葉を入れると良い

 

・10月末を感じさせる季節の言葉を使って

 オリジナルの挨拶を考えても良い。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》