ホームステイのご挨拶メールのポイントは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スクリーンショット 2015-02-19 11.05.24

 

短期留学などでホームステイをすることになったら、

まずはステイ先のファミリーにご挨拶をしたいですよね。

 

でも、英語がわからない!と困ってしまう方も多いようです。

 

私が初めてホームステイをしたときのことを思い出すと、

かなりドキドキでした♪

 

気持ちをきちんと伝えることができる

簡単な英語フレーズをご紹介します♪

親からではなく本人からがベター♪

 

実際にホームステイをするのがお子さんの場合、

ご挨拶は本人から送るのがベターです。

 

お子さんが中学生や高校生の場合、

どうしても親御さんは心配になりますよね。

 

でも、そこはぐっとこらえて!

お世話になるのはお子さんですからね♪

何を書けばいい?

 

ホームステイ先のホストファミリーへのご挨拶なら、

①挨拶

②受け入れてくださることへの感謝

③メッセージ

④終わりの挨拶

といった内容で十分です。

 

それぞれ一文か多くても二文ほどにしましょう。

 

簡単な英語でも大丈夫ですよ♪

実際に書いてみよう♪

スクリーンショット 2015-02-19 11.06.58

スポンサーリンク

件名は簡潔に、Hello from ○○

 

初めて送るメールの件名はどうしたらいいか悩みますよね。

 

日本語では「はじめまして」「こんにちは」

といったフレーズがよく使われますね。

 

英語の場合も「Hello」はよく使われています。

 

Hello from ○○

 

というように、○○の部分に自分の名前を入れると

誰からのメールかがわかりやすくていいですね。

 

日本からのメールであることを表現したい場合は、

 

☆Hello from Japan

 

というフレーズも使えます。

 

メールの件名は簡潔にまとめましょう♪

最初の挨拶は、Dear ○○

 

最初の挨拶は、ホストファミリーのお名前から始めましょう。

 

☆Dear ○○

 

というように、書き出すといいですね。

 

○○の部分には、相手のファーストネームを入れましょう。

 

ご夫婦に宛てる場合は、レディファーストで書くことが多いですよ♪

感謝を伝える♪

 

ホームステイを受け入れてくださることへの

感謝を伝えるフレーズには、次のようなものがあります。

 

☆I much appreciate you to extend the opportunity to stay with you.

 

☆I appreciate your kindness to become host parents for me.

 

どちらも「Thank you」より少し改まった表現です♪

メッセージ♪

 

簡単なプロフィールなどは、

学校やエージェントを通じてステイ先に伝わっているはずです。

 

この部分には、ニックネームやホームステイへの思いなどを

簡潔にまとめて書くといいですね。

 

☆My name is ○○(フルネームを)

 

☆Prease call me △△(短く呼びやすいニックネームを)

 

☆I was dreaming about visiting to□□ in someday!

 

□□にはステイ先の国名や場所を入れると、

「私はいつか□□に行きたいと思っていました」という意味になります♪

「よろしくお願いします」は英語には無い!?

 

ご挨拶といえば、必ず使うと言っても過言ではない、

鉄板のフレーズ「よろしくお願いします」。

 

この表現は、英語にはありません。

 

「誰が」「何を」「どう」よろしくお願いされるのかが曖昧な

日本独特のフレーズなんです。

 

では、どう表現すればいいでしょう。

 

たとえば、「ホームステイをとても楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いします。」と伝えたい場合は、

前半の「楽しみにしている」という部分だけでOKです。

 

☆I’m very looking forward to meeting you.

 

この一文で十分気持ちは伝わるはずです♪

謙遜は混乱の元!

 

日本人同士なら通じる「謙遜」は、欧米では混乱の元になります。

 

お世話になるホームステイ先へ使いたい語挨拶に、

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いいたします。」

というフレーズがありますね。

 

けれど、この文章を英語に直訳すると、ホームステイ先のファミリーは

「迷惑をかけるような相手なの?」と不安になってしまいます。

同じようなフレーズに、

「問題がありましたらご連絡ください。」

というものもあります。

 

こちらも日本語でなら、社交辞令程度の言葉ですが、

欧米では通じません。

 

「問題を起こすようなことがあるの?」とびっくりしてしまうでしょう。


特にホームステイの場合、

ファミリーは学校かエージェントと契約を結んでいます。

 

ですから、問題があれば直接本人と話し合うか、

学校またはエージェントと話し合うことになります。

 

問題が改善されなければ、家を出てもらうこともあります。

 

はじめから問題を起こしそうだと判断されて、

ホームステイを断られてしまうかもしれません。


日本式の謙遜表現は使わない方がベターです♪

最後の挨拶♪

 

しめくくりには、次のフレーズが使えます。

 

☆Best Regards

 

☆Sincerely yours

 

どちらもこの下に自分の名前を入れます♪

挨拶メールの例文

スクリーンショット 2015-02-19 11.06.11

英文

件名:Hello from ○○.

 

Dear ○○

 

I much appreciate you to extend the opportunity to stay with you.

 

My name is ○○.

 

Prease call me △△.

 

I was dreaming about visiting to□□ in someday!

 

I’m very looking forward to meeting you.

 

Best Regards

 

○○

和訳

件名:こんにちは○○です。

 

○○さんへ

 

ホームステイをさせていただいてありがとうございます。

 

私の名前は○○です。

 

どうぞ△△と呼んでください。

 

私はいつか□□に滞在することを夢見てきました!

 

お会いできることが楽しみです。

 

敬具

 

○○

ホームステイ先への挨拶♪まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ホームステイ先へのご挨拶は、短く簡単な英語でも

十分気持ちを伝えることができます。

 

英語が苦手でも、多少文法やスペルにミスがあっても

自分の言葉で書くようにすれば、きっと相手にも届きますよ。

 

私がホームステイをした時も、

ホストファミリーは文法ミスやいい間違いを気にせず

コミュニケーションをとってくれました♪

 

気持ちを言葉にしよう!と努力する姿勢が

相手にも伝わるのだと思います。

素敵なホームステイになりますように^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》