菱餅の色の意味とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

菱餅の色には意味がある!その謎に迫る!

菱餅といえば、ひな祭りのお飾りの定番。

菱餅は、赤・白・緑の3色でできていますが、
その意味って知っていますか?

 菱餅は、赤・白・緑の3色の意味

スポンサーリンク

赤は、魔除け・解毒の色

桃の花をイメージしているそうです。

ちなみにあの可愛い赤色は山梔子の実で色付けています。

白は、子孫繁栄・長寿・清浄の色。
雪や残雪をイメージしているそうです。

純白の白は菱の実で色付けられています。

そして緑は、厄除け・健康の色。

新緑とか新芽をイメージしています。

蓬の新芽で色付けされています。

それぞれに意味がちゃんとあるんですね。

こういう風習の意味を知っておくと
ひな祭りも一層楽しくなりますね^^

地域によって違う菱餅事情

ところで、 わたしの地元北海道では、
菱餅は3色で菱形なんですが、
これって地方によって違うって知っていました?

2色、5色、7色だったり。

三重県や静岡県の一部では、
三角形で三角餅という名前だったり。

順番も通常は下から緑・白・赤の順だけど、
白・緑・赤の順だったり。

菱餅の定義って意外と曖昧。

ちょっと謎の食べ物でもあります。

土地によって菱餅の定義にばらつきがあるのは、
歴史の伝わり方が関係しているのかもしれません。

菱餅誕生の歴史

そもそも菱餅がどのようにできたかとか、
どのように伝わったのか?というのがわかっていないことが多いのです。
 
まず、宮中で正月に食べていた菱葩餅が
起源の始まりという説。

元々三角の餅だったのに、
菱の実を食べて千年長生きした仙人が、
菱形にしたという説。

室町時代の足利家が
菱餅を食べていたのが伝わったという説。

など様々。

あの独特の形についても、
女性の生殖器をかたどっているだとか
心臓をかたどってるのでは?
という憶測だったり。

はっきりとした情報がありません。

毎年ちゃんと飾っているものだからこそ
きちんとしたことが知りたいですが謎は深まるばかりです。

それにしても、
菱餅ってあまり美味しいくないですよね^^;

わたしはいつも食べないで、
母にプレゼントしています。

クッキーの型抜きで、
お花やハートなど可愛く型抜くと
かわいいデザートにしてお茶請けにしています。

ひな祭りや菱餅。
日本の歴史はまだまだ奥が深そうです。

虹色菱餅の作り方。もはや謎の物体に…。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》