ひな祭りのメニューにぴったりなデザートは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ひな祭りのメニューにぴったりなデザートはコレ♫

女の子の一大イベントひな祭り。

 

せっかくならデザートも手作りしたいですよね。

 

ひな祭りのメニューにぴったりな

デザートをご紹介します^^

 

ひな祭りのメニューにぴったりなおかず>

 ひな祭りのメニューにぴったりなデザートを考えるコツ

ひな祭りにぴったりのメニューを考えるなら、

デザートだって『旬』の素材を使いたいものです。

 

ひな祭り時期の旬の果物は、

キウイ、はっさく、デコポン、マンゴー。

 

あと、旬ではないけど、

可愛いし人気なので使いたいのは

桃、いちご、さくらんぼ。

 

これらを使って女の子が大好きな

デザートを作っていきましょう。

何を作ればいいのか?

 

お料理の最後に出したいと思うのであれば、

重すぎないスッキリしたものがいいですね。

 

例えば、ムースやゼリー。

寒天、アイス、プリン、パフェなど。

ご飯と一緒ではなくて、

デザートだけ食べるなら、

ケーキ、ミルフィール、パイ、マカロン、大福、白酒、草餅など。

 

これらを旬や人気の果物で作っていきましょう。

そしてデザートも見た目が大事!

手間を出来るだけ省いて、

かわいいデザートを作っていきましょう♫

 

ではでは、

おすすめデザートの作り方を紹介します^^

スポンサーリンク

三色パンナコッタ♫

 wetrwet

白い部分

・牛乳          190ml

・生クリーム       20ml
・砂糖          20~30g
・お湯          40ml
・粉ゼラチン       5g

緑・ピンク

・かき氷シロップ緑・赤 40ml×2

・牛乳           170ml×2

・お湯           40ml×2

・粉ゼラチン        5g×2

①緑部分を作る

緑のかき氷シロップと牛乳を混ぜ合わせる。

②お湯にゼラチンを溶かして、

①に少しづつ入れて混ぜ合わせる。
③液を型の3分の1まで入れて、
冷蔵庫で冷やして固める。

④白色の部分を作る。

生クリームと牛乳と砂糖を鍋に入れて

60度くらいまで温めて、砂糖をしっかり溶かす。

ゼラチンも入れてよく溶かしたら、
しっかり固まった③に3分の2まで流し入れる。

冷蔵庫で冷やして固める。

⑤ピンク部分を作る。

④が固まったら、

赤いかき氷シロップと牛乳を混ぜ合わせる。

お湯にゼラチンを溶かして、

③に少しづつ入れて混ぜ合わせる。

⑥液を型に入れて、冷蔵庫で冷やして固める。

⑦固まったら、デコレーションして出来上があり♫

生クリームやいちご、果物をトッピングしましょう♫

かき氷シロップがないときは、
市販のいちごオーレや抹茶オーレでも代用できます。

ゼラチンが溶ける温度は60度くらいなので、
お湯は60度くらいにして混ぜてくださいね。

牛乳も少し温めておくとより混ざりやすいです。

 

ポイント

毎色きちんと固まってから液を追加することです。

固まらないと、色が混ざってしまうので、
気をつけてくださいね。

 

カップのまま食べてもいいですが、
お皿に開けてひな祭りっぽく飾り付けても可愛いですよ^^

そして、こんな飾りを足してみてはいかがでしょうか?

簡単!いちごdeおひな様

①いちごのヘタを取って、3分の1部分を半分に切る。

②バナナを2センチ幅に切る。

③バナナをいちごに挟んで、チョコペンで顔を書く。

出来上がりー♫

 56757

とっても簡単なので、
盛りつけに加えてみてくださいね^^

 

ひな祭りのデザートのポイントは、

・とにかく可愛く作ること!

・旬や人気の果物を使うこと!

・出来るだけ市販を利用して簡単にすること!

 

みんな喜んでくれるといいですね^^♫

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》