日傘の効果は一年ってホント?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

日傘の効果は?

日傘は紫外線から守る為には、
大切なものですがその効果は一年しか
もたないのでは?と言われています。

これは本当なのでしょうか?

 日傘の効果は期限は二年?!

実際のところはと言いますと、
日傘の寿命は二年から三年と言われています。

これは日傘のUVカット効果が
これくらいで無くなってしまうからです。

日傘のUV加工は、
・紫外線吸収効果のある液体の中に生地をくぐらせる
・効果のある繊維を生地の中に織り込む
・生地裏に金属を定着させる
・フィルムによるラミネート加工する

などいくつかあります。

一般的には、

日傘を作る前の生地を染色する時に
UVカットの薬品を混ぜ混んで作られます。

生地に混ぜ込んでいる薬品なので、
この効果が永久的に続くか?
と言うと実はそうではありません。

UV加工は雨に濡れてしまったり、
傘を運ぶ時の摩擦などで劣化していきます。

UV加工の効果は使って3年を過ぎると、
効果がほとんどなくなってきてしまうそうです。

なので、

日傘で効果的に紫外線を防ぎたいのであれば、

雨晴れ兼用で効果は一年程度。

日傘専用であれば、
効果は2〜3年と考えたほうが良さそうです。

日傘を効果を維持するお手入れ

効果を出来るだけ維持したいと

思うのであれば、お手入れは欠かせません。

・濡れた後はちゃんと乾燥する。
・雨の日に使わない。
・暗い場所で保管する。

お手入れをしなかった場合は、
さらに日傘としての効果は薄くなってしまうそうですよ^^;

スポンサーリンク

日傘の効果は生地でも変わる?!

そして日傘の効果は加工だけでなく、
生地や生地の厚さによっても変わります。

生地でいえば、
ポリウレタンフィルムラミネートという
特殊な生地を使っているものは、
傷つかない限り永続的に紫外線を防止してくれるようです。

なんかちょっとお高いようですが、
絶対日焼けしたくない!
という言うのであればいいかもしれません。

生地の厚さでいえば、
生地は厚ければ厚いほうが、
紫外線防止効果は高いようです。

光の透け感のあるようなものでは、
しっかり紫外線は遮断できません。

紫外線をがっちりガードしたい場合は、
できるだけ生地は厚めのものを選びましょう。
日傘の色の選び方>

そしてもし効果を続く期間を気にせず使いたいのであれば、
黒でポリエステルの生地で厚めの物。

これを選んでおけば、
生地自体で9割の紫外線はカットしてくれるようです。

でもちょっと重苦しそうですけどね^^;

あと裏技として、日傘の効果を復活させたい!

長持ちさせたい!というのであれば、
紫外線カットスプレーをするのも手です。

一時的にアップさせるだけで
永続的ではないですが、
お気に入りの日傘を使い続けたいときはいいですね。

衣類の紫外線防止加工UVカットスプレー【メーカー直送F:同梱不可】【コンビニ後払いOK】【RCP...

衣類の紫外線防止UVカットスプレー
価格:4,488円(税込、送料別)

ただ雨に流れやすいようなので、
ご注意を…。

それにしても、UV効果に劣化があって
どうせ使えなくなってしまうなら、
今思いっきり好きなものを選ぶのがいいと思いませんか?

最近わたしは日傘は思いっきり今好きなものを
買うようにしています^^

以前は長く使うものだから…。
とか、安いものじゃないし…。
派手かなー。可愛すぎるかなー…。

など色々迷ってしまっていたんですが、
どうせ2年から3年しか使えないのであれば、
おしゃれを楽しんじゃおう♫と思うようになりました。

最近は、フリルとかレースとか。
ピンクとか水色とか。

形もこだわっている、
おしゃれなものがたくさんありますもんね!

そして二年から三年たったら、
日傘としてではなく雨傘として使えば経済的です。

元々日傘なので、
見た目もかわいいですしね♫

そう考えると、
雨晴れ兼用ムダになりません。

紫外線が気になる時期でも、
素敵な日傘で楽しくすごしましょうね^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》