富士山の登山口の混雑状況は?マイカーで行けるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

富士山の登山口の混雑状況は?マイカーで行けるの?

いよいよ登山シーズンが到来しますね!
今年こそ、登山に挑戦しようという計画を立てている人もいるのではないでしょうか。

中でも初心者さんから上級者さんまで人気が高いのは
世界遺産にもなった富士山登山です。

しかし人気スポットなだけに、気になるのが混雑具合
富士山にはいくつかの登山口がありますが、混雑はどの程度なのでしょうか。

混雑回避の豆知識と合わせてご紹介していきます(´∇`)

スポンサーリンク

各登山口の特長と混雑状況

富士山の登山口の混雑状況は?マイカーで行けるの?

富士山に登るためには、各ルートから富士山の麓にはいります。ルートは全部で4ルート存在します。各ルートの混雑状況をみていきますね。

富士宮ルート

標高は2400メートル地点です。
ここから登山すると平均で登りが5時間、下りが3時間(休憩なし)ほどです。

富士山五合目まで車で行けるので、歩行距離が1番短い登山ルートです。
初心者さんや子供がいる方でも登りやすいことから、1番人気があります。

人気があるということは、最も混みあうルートということになるので
マイカーで来た場合の駐車場は争奪戦です。

売店や食堂なども完備され、登山準備や休憩をするにも過ごしやすいですね。
登山道も混みあうことが予想されるので、譲り合いの精神が大切です。

須走ルート

標高は2000メートル地点です。
ここから登山すると平均で登りが6時間、下りが3時間(休憩なし)ほどです。

富士宮口よりも400メートル低い位置にありますが、富士宮口ほど混んでいないです。
二軒の山小屋があるので食事や休憩をとることができます。

登山道も比較的空いているのでゆったり登山を楽しみたい人にはおすすめです。
下りの分岐を間違えると違う登山口に出てしまうので、標識をしっかり確認してくださいね。

御殿場ルート

標高は1440メートル地点です。
ここから登山すると平均で登りが7時間30分、下りが3時間(休憩なし)ほどです。

富士宮口よりも1000メートル低い位置にあるので、富士山全体でみると二合目にあたります。
毎年富士登山駅伝が行われる場所なので、登山には最も適したルートになります。

ここには第一から第三の3つの駐車場があるので、他の登山口と比較すると空いているといえます。
ただ山小屋が少ないので休憩がしづらい難点があるので、上級者向けともいえますね。

吉田ルート

標高は2304メートル地点です。
ここから登山すると平均で登りが6時間、下りが3時間(休憩なし)ほどです。

富士宮口と位置的には変わらないのですが、歩行距離は御殿場口の次に長いルートです。
交通アクセスが良いことから、ピーク時は駐車場も登山道も大混雑が予想されます。

他の登山口と比べてとても都会的で栄えていて、大きなレストハウスが立ち並んでいます
登山をしなくてもご来光が拝めることから、観光五合目までのお客さんで賑わっています。

駐車場が心配!マイカー規制に気を付けて!

富士山の登山口の混雑状況は?マイカーで行けるの?

夏の登山シーズンの富士山は予想以上に登山客が訪れています
特に週末は各地から足を運ぶ人が絶えないので、駐車場は大渋滞なんです。

例えば富士山登山に日帰りで行こう、となったら、まだ暗いうちに家を出て
朝早くから登ろうと考えますよね。

しかし、早朝の駐車場はすでに満車、運良く停められればラッキーです。
これは何故かと言うと、登山客と同じくらい富士山にはご来光を見に訪れる人が多いんです

ご来光を見終わって下山するまで、駐車場はいっぱいのままです。
早朝登山に成功している人は前日からの泊まり込みの人がほとんどでしょう。

更にもっとも混みあう登山シーズンは「マイカー規制」がかかるようになりました。
その名の通り、マイカーの駐車を禁止することで、混雑緩和をしているのです。

各登山口でマイカー規制の期間や時間は異なりますので、事前に調べておきましょう。
御殿場口はマイカー規制をしていないので、どうしても登山口までマイカーでという人は御殿場口を利用するのが良いです。

計画的に登山計画を立てないと、せっかく行ったのにとんぼ返りなんてことにもなりかねませんよ

バスやタクシーを上手に使うのもひとつの手段

週末の駐車場は混雑しているし、マイカー規制が始まって御殿場口しか入れない
他に手段はないかしら・・・?

そう考えた時に出てくるのがマイカー規制時のシャトルバスを使う方法です。
マイカー規制の時は登山口までは行けませんが、麓の駐車場に車を停めることはできます。

そこからシャトルバスを利用して登山口まで運んでもらいます
シャトルバスは各登山ルートで運航していて、だいたい30分間隔で動いています。

シャトルバス料金は往復で平均、1500円~1800円です。
シャトルバス提携臨時駐車場の駐車料金は1000円ほどです。

また電車で最寄駅まで来て、そこから路線バスを使って登山口へアクセス
帰りは混み合うので五合目からタクシーで駅に戻るという強者もいます。

主要都市からのアクセスであれば、高速バスを利用すれば
行きも帰りも寝ながら移動が可能です。

マイカー以外にも交通の便は比較的良いので、スムーズに登山を楽しむ方法を
検討してみてくださいね^^

もっと詳しく知りたい人は『るるぶ』がおすすめです↓↓

富士山の登山口の混雑状況は?まとめ

世界遺産になってから、富士山の人気は高まる一方ですね。
そして一生に一度でいいから富士山に登っておきたいと考える人も多いです。

できれば平日に行くのが1番良いのですが、都合上どうしても週末になってしまう場合は
よく計画を練って少しでも混雑を回避できるようなルートを見つけて楽しみましょう(´∇`)

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》