道明寺桜餅って何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

道明寺桜餅って何?桜餅の謎迫る!

春になると桜餅をよく見かけます。

普段生活していて、

「あーーー。桜餅食べたい。」

なんてことはないんですが、

見るとつい食べたくなっちゃうんですよね。

桜餅ってクレープ状に餡を包んでいるモノと、

赤飯みたいので餡を包んでいるモノと2つあります。

あの違いって何だろうって?

すごく不思議だったんですよね。

それで色々調べていたらおもいろいことがわかりました。

クレープ状の桜餅と餡を包んでいる桜餅の違い

桜餅は”関東”と”関西”では、

呼び方も形状も違うんです!

知ってました?

関東の人は桜餅といえば、

小麦粉をクレープ状にして餡を巻いているものを桜餅と言い、

赤飯みたいので餡を包んでいるものを道明寺桜餅というそうです。

一方関西の人は桜餅といえば、

赤飯みたいので餡を包んでいるのが桜餅。

小麦粉をクレープ状にして、

餡を巻いているのは長命寺と言うようです。

(なんだこれ…。初めて聞いたぞ…。)

道明寺は、

大阪藤井市にあるお寺の僧が作ったもの。

 

長命寺は、

東京にある長命寺の僧が作ったものだそうです。

出身の寺の名前がついています。

 それにしても、僧は甘いもん好きなんですね(笑)

わたしは北海道出身なんですが、

赤飯みたいので餡を包んでいる桜餅しかみた事なかったんですよね。

日本の中心と言うか、基準って関東じゃないですか。

なのに、

関西と北海道の感覚が一緒で関東だけ認識が違う。

こんなこともあるんですね。

じゃあ、関東の人は赤飯風の桜餅食べたい人は、

「あーーー。道明寺桜餅食べたい。」

ってなるんですかね?

なんか不思議。

そして桜餅って春になるとよく見かけますが、

その春採れた新鮮な桜を使って桜餅作ってます(キリっ)

ってことではなく、

昨年採った桜の塩漬けを使って桜餅を作っています。

これ意外と知らない人が多くて。

だから本当は桜餅は年中食べれるのですが、

何となく桜を見たら桜餅を食べたくなるという

日本人の風習でしょうか?

経営戦略的なものかもしれませんね。

この時期しか食べれない!

みたいなレア感が購買意欲を掻立てるのかもしれません。

道明寺桜餅と長命寺桜餅どっちが美味しい?

それでせっかくなんで、

道明寺桜餅と長命寺桜餅

どっちが美味しいのか食べ比べてみました。

個人的な意見ですが、

道明寺桜餅が断然美味しい!

桜餅はあの周りのもちもち感と

餡の甘さと桜の葉のしょっぱさを楽しむものだと

思っているので長命寺ではなんだか物足りない。

関東在住の方で、

道明寺桜餅をまだ食べた事ない方は、

美味しいのでぜひ食べてみてください。

ちなみになんですが、

道明寺桜餅の桜の葉を食べない人っているじゃないですか。

桜の葉には、抗菌作用やリラックス効果が

あるらしいので、食べた方がいいそうです。

あれが好きなので、

はがして食べる人とか、分けて食べる人を見ると

なんてもったいないんだーーー!と思ってしまう。

桜餅と一緒にぜひ食べてみてくださいね^^

そうそうそれで、

色々調べているとまた発見が。

道明寺桜餅の成分

道明寺桜餅の周りの赤飯みたいなのは、

道明寺粉で出来ていて赤飯ではないらしいです。

道明寺粉がもち米を乾燥させて砕いて作った粉だから、

一緒と言えば一緒ですけど。

赤飯と呼んでいたので、

ちょっと恥ずかしい思いをしていたんだなーと。

(誰もツッコんでくれなかった…。)

単に桜餅と言っても歴史を紐解いていくと、

いろいろな発見があって面白いですね♫

和菓子の世界は奥が深い!

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》