チャネリングとは?基本のやり方と効果的な方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

木

 

スピリチュアルな業界でよく耳にするようになった「チャネリング」をご存知ですか。密かに興味がある人、興味はあるけれどよく分からない人と様々だとは思います。

 

ここではチャネリングとは、どういったことを指すのかという部分から、実際にチャネリングを行う方法まで、解説していきたいと思います。チャネリングであなたの知らなかった世界が広がるかもしれません。未知の扉を開けてみませんか。

 

スポンサーリンク

チャネリングとは?

チャネリング

まず、チャネリングとは何なの?という人にチャネリングについて簡単に説明していきます。

 

チャネリングとは、私たちが通常生きている次元とは違う領域、高次元の領域に存在しているものと意識レベルで繋がり、コミュニケーションをとることを指します。

 

よくテレビで見かける霊能力者や、スピリチュアルな能力に長けている人が行っている内容ですね。特別な力がある人だけができる、霊能力がないとできないと思われがちですが、実際にチャネリングは誰にでもできます。

 

もちろんチャネリングする為にはある程度の訓練は必要ですが、実は無意識のうちにチャネリングをしている時があります。試験の山が当たったり、一か八かの賭けで勝ったり、思いもよらないひらめきがあったり、これらは、実はチャネリングの結果なのです。

 

妙に勘が冴えていることをスピリチュアルの世界ではチャネリングと表現します。チャネリングには悩んでいる時に適切なアドバイスを受けることができたり、思いもよらないひらめきをもたらす力があるのです。

 

しかし、一歩間違うと低次元のものや、悪意のあるものとチャネリングしてしまう場合もあるので注意しましょう。

 

チャネリングの基本的なやり方

空

誰にでもできると言われているチャネリングですが、擬態的にやり方を知りたくないですか?チャネリングするにはどうしたらよいのでしょうか。

 

チャネリングをするには、メッセージをクリアに受け止めるための準備が必要です。チャネリングの時には対象の周波数を知った上で、受取り手の感度が低ければ受け取ることができません。

 

感度を高める方法は、感情の浮き沈みを穏やかに整えて、ニュートラルな状態を作ることから始まります。しかし、このニュートラルの状態を作るのが意外に難しいと感じる人もいるでしょう。そのヒントは神社や教会の祈りの中にヒントがあります。

 

神社での参拝では、まず自己紹介の後に神様への感謝をします。キリスト教の祈りでも同じように神の御前に感謝します。この感謝の言葉で感情をニュートラルな状態にしていきます。感謝の言葉は自分がニュートラルな状態になるまで伝え続けます。

 

ニュートラルな状態になるまで、とは、感謝で心が満たされた状態です。ニュートラルな状態を手に入れたら、そこで初めて自分の思いの丈を伝えます。その後、五感で感じたことすべてがチャネリングでのメッセージということになります。

チャネリングの効果的な方法

 9d2f5688b8098e591157b239b43db44a_s 

チャネリングでのメッセージを受け取る際のポイントです。まず、素直な心で感じることです。また、正解を知ろうとしないことも大切になります。誰かの正解はあなたにとって同じとは限らないからです。

 

五感で感じるメッセージは人によって受け取り方が違います。あなたの今までの経験や知識の差であり、それをどう感じて何が正解なのかは本人しか解りません。

 

メッセージは同じように本人のものであり、他者のものではありません。自分が感じたままが正解であり、どう感じたかは人それぞれということですね。

 

せっかくチャネリングができても、何が正解かを考えると一生答えは出ません。あなたの答えは既に存在していて、他に答えを求めようとしてもないからです。

 

チャネリングで情報を得る

 ニュートラルな状態を作り出しているのに、チャネリングができないという人がいます。その場合の多くは、「対象の周波数」が合っていない場合が多いです。例えば、神社に行く前はその神社の神様のことを調べていくことが重要です。するとその神社や神様の周波数を知ることができます。

 

どのような神社で、そんなご利益があるのかなど、どんな情報でも仕入れておくべきです。周波数を合わせるのは、テレビのチャンネルを合わせるのに似ています。

 

見たい番組とそれを提供してくれるチャンネルが合わなければ、メッセージは得られませんよね。この時に対象にするのは神社以外でも構いません。教会や寺院などでも、祀られている神様・仏様について学べばいいのです。可能であれば神社やお寺などに足を運ぶ機会を増やすのも良いですね。

 

周波数を感じやすい環境になり、チャネリングしやすくなります。対象が決まり、その対象の周波数を調べることができたら既に8割成功したのも同じです。

 

チャネリングのチャンネルが決まれば後は、受け取るだけです。あとの二割はチャネリングは言葉というツールだけで伝えられるものではないという部分です。

 

人の同士のコミュニケーションは大抵が言葉なので、チャネリングも言葉を求めてしまいますが、チャネリングは五感全てで伝えてきます。スピリチュアル系の人たちはよく「感じてください」と言いますよね。チャネリングによるメッセージは言葉に限らないという事です。

もしチャネリングがうまくできなかった時は

もしチャネリングがうまく出来なかった時は、プロにお願いするといいですよ。といってもなかなかそんなプロに出会うことってできません。そんな時は電話占いでもやってくれます。電話占いヴェルニ>

占術紹介で様々なものが紹介されています。気になる方は相談してみるといいでしょう。
 

チャネリングやり方と効果的な方法 まとめ

 

チャネリングは高次元の領域に存在しているものとコミュニケーションをとることです。

誰にでもできると言われていますが、実際には多少の訓練が必要になります。

 

「虫の知らせ」や「この場所は嫌な感じがする」など無意識に感じていることの中には

チャネリングによって起こる現象も含まれています。

 

そしてチャネリングは五感でメッセージを感じ取るものです。

ニュートラルな状態を意識して挑戦すれば、チャネリングは不可能ではありません。

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》