アラサーの婚活がうまくいかない人の7つの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

最近は安定志向の人も増え、
結婚したい人が増えているそうです。

アラサーにもなると周りもほとんど結婚してしまいますし、
尚更焦ってしまいますよね。

40歳になってなんで売れ残ってんだ…?
後悔しないように、うまくいかない理由を知って
婚活に生かしていきましょう!

アラサーの婚活がうまくいかない理由

スポンサーリンク

傾向① ちゃんと恋愛して結婚したいと思い過ぎてる。

婚活うまくいかない

アラサーはまだ自分は若いと思っている人が多く、
ちゃんと恋愛して好きな人と結婚したい!
と思っている人が多いです。

つまり恋愛に対してすごくマジメ。

もちろん、結果的には好きじゃないと
結婚なんて長続きしませんし、辛いことも乗り越えられません。

でも好きって気持ちだけでは、
うまくいかないのも結婚です。

なので最初から恋愛することに
こだわりすぎる必要はないと思います。

婚活サイトやパーティーでまず条件で選んでみるのもアリですし、
身近な人を結婚相手として意識してみてはどうでしょうか?

結婚相手としては良さそうだなーっていう
草食系男子やおとなしそうな女子は意外と近くにいるものです。

そして恋愛感情がなくても異性の友達を作ったり、
異性と接する機会を増やしましょう。

きっかけは何であれ、最終的に好きになればいいんです。

まずはマジメになりすぎない。こだわりすぎないこと!

傾向② 出会いがない。求めてない。余裕をかます。

ここ1ヶ月で新しく知り合った人って何人いますか?




はい!5人以上の人はOK!

5人以下の方、もしくは答えられなかった人は要注意!

自然に出会った人と恋愛結婚なんて、
甘い夢を見るのはもうやめましょうw

毎日を普通に生活していたら、
新しい出会いも少ないし、顔を合わすのも同じメンバー。

どこに恋愛が始まる要素があるのでしょうか?w

出会いがないのにそういう人に限って、

「僕(私)はそういうの求めてないから。」とか、
「がっついてるみたいで嫌」とか「自然に出会った人と恋愛したい」
「焦ってないから(本当は焦ってる)」とか余裕をかましてたりします。

ちゃんと恋愛したい!=普通に生活しよう。

ではないですよー。

結婚や恋愛がしたいなら、まずは自分から努力することが大切です。

傾向③ 婚活に対してマイナスのイメージを持っている。

婚活に対して『恥ずかしい』とか『辛い』など、
マイナスなイメージを持っていると
腰が重くなってしまってなかなか行動にうつせません。

そしてマイナスのイメージを持って婚活するのは、
知り合った相手にとっても失礼です。

今その人が頑張ってることを否定しているわけですから。

『婚活』=恋の始まりです。

とにかく楽しんでいきましょう!

もし何か心にひっかかる部分があるのであれば、

それを潰しながら自信をつけていきましょう。

完璧な人間なんていないです。

婚活のマイナスなイメージなんて、吹っ飛ばしましょう!

傾向④ 自分はイイ線いってると思ってる。

婚活がうまくいかない

昔モテた事のある人や、
若く見られる人、自分に自信がある人は
まだ自分が選べる立場だと思っています。

「いやいや。
今売れ残ってる時点で、対してイケてないですから。
ってことです。

自分が思ってるほど、
周りの評価は高くないかもしれませんし、
イイ線いってたのは過去の栄光かも。

自分にはもっといいが人いる!
など自分の事を棚に上げて、人と人を比べるのはやめましょう。

ただでさえ年齢を重ねるとともに、異性を見る目も肥えてきます。

結婚や恋に進展する前に、
線引きしてしまっては恋愛も始まりません。

これ以上見た目が落ちて行く前にあれこれ悩まず、
いいと思った人だけを見てその人との関係を育てるべきです。

傾向⑤ 馬鹿になれない。

歳を重ねると落ち着きや余裕が出てくるのはいいですが、
婚活では馬鹿になれない人はチャンスを逃しがちです。

10代や20代の前半って馬鹿なことも
簡単にできたけど、だんだんそれができなくなると
馬鹿な人がみっともなく見えてきます。

婚活に一生懸命になる自分が
みっともないと思っていませんか?

婚活にそこまでする?!とか、
知り合ったばかりの人にそこまでやる?!とか。

はたから見ると馬鹿みたいなことでも、
そこまでやれば気持ちが伝わることもありますし印象に残るはずです。

ただ無難な人なんて、
なかなか覚えてもらえないですよ。

馬鹿になれない人は、いい人止まりです。

いい人=どうでもいい人

にならないように、情熱的に。

踏み込んで人と関わっていきましょう。

婚活ではちょっと羽目をはずすくらいでいいと思います。

傾向⑥ 人を好きにならない。なれない。

上記で話したような生活をしている人は、
だいたい『好きな人ができない』といいます。

ぶっちゃけていえば、
好きな人なんて最初っからできるわけないんですよ。

要するに好きな人ができないことなんて、
気にしなくていいんです。

だってそれが当たり前なんだから。

好きじゃなきゃ異性とお話ししちゃいけないわけじゃないし、
好きじゃなきゃデートしちゃいけないなんて法律ないです。

好きにならない。好きになれない自分を責めずにとにかく楽しむ。

そして人を好きになれないのは、関係が希薄だから。
浅い話ばかりしていても、
他の人となんの代わりもありません。

一歩踏み込んで話していきましょう。

好きになれるように、
いろんな角度から人を見れるようにしていきたいですね。

傾向⑦ 若い子がやる気満々

婚活がうまくいかない

婚活がうまくいかない理由の一つに、
婚活してる若い世代が増えたことも関係しています。

アラサーと若くてかわいい女の子がいれば、
そりゃかわいい方に行くに決まってます。

女性の場合、男性が経済力があれば
おじさまでもよく見えることはありますが、
同じ条件で出会えば若いイケメンがいいに決まってますね。

これは子孫を残そうとする本能がそうしているのでしょうがない!

とはいえ、若い世代が婚活にノリノリでは、
いい人材は先に持って行かれてしまいます。

アラサー軍団はもたもたしてる場合じゃないですよ!

若い世代にはない魅力で、
自分から積極的に行動していきましょう。

と、熱く熱弁してきましたが、
全てこれは自分が婚活していて思ったことです。

自分や友人、出会う人の傾向を見て気づいたことです。

これを書いた私もアラサーで結婚していません( ;  ; )

というわけで、みんなで婚活がんばりましょーー!

婚活がうまくいく5つの方法>

アラサーの婚活がうまくいかない理由 まとめ

とにかく悩まず婚活を楽しもう!

楽しんでる人には必ず人は集まってきます^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》