季節の挨拶。9月下旬なら?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

手紙を書くときには季語を入れるとグッと文章が素敵になりますが

その季節に合わせた季語を考えるのって意外と難しいですよね。

今回は、主に9月下旬の季語についてご紹介していきます。

9月は上旬、中旬、下旬とそれぞれ挨拶が変わっていきます。

使い分けて送った相手に喜ばれる、素敵なお手紙を書いてくださいね^^

 

9月の素敵な手紙の書き方。~季語~

スポンサーリンク

 9月の季語

9月上旬・・・初秋、新秋など

例「初秋の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。」

9月中旬・・・白露、秋晴など

例「白露の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」

 

「聞いたことあるなぁ~、秋の初めだから初秋かぁ~」となんとなくイメージ湧きますよね^^

 

では下旬に入るとどうでしょう?

ちょっと9月下旬って思いつきにくいですよね。

上旬、中旬に比べて下旬の季語って一番難しいかもしれません。

 

ではまず9月下旬はどんな季節なのでしょうか?

 

残暑もすっかり去り、秋本番を迎える時期になります。

そして服装も半袖から長袖に変わるように気温も涼しくなってきますよね。

 

それらをふまえた季節感を出すための季語をご紹介します。

9月下旬の季語

9月下旬の季語は、

秋冷、彼岸花、秋涼、秋分、秋色、白露、孟秋 など。

 

ではそれらの季語を使った例文を書いてみますね。

 

例「秋冷の候、ご一同様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」

 

ちょっとかたい感じがしますか?

これが礼儀のある手紙の始まりになります。

 

ちょっと難しい感じもしますよね。

でも知っておくことでこれからの役に立つこともありますから、
頭の片隅に置いておいてくださいね。

さて気づいた方もいるかもしれませんが、
3つの挨拶の例文を紹介したのですががそれぞれニュアンスが違います。

 どう違うのかわかりますか?

「初秋の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。」

「白露の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」

「秋冷の候、ご一同様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」

そう送る先によって変わります。

一番上が個人に向けて、後の2つは企業に向けて書かれたものです。

送り先が個人なのか、
それとも企業なのかによって挨拶文は変化します。

また例を挙げてご説明します。

 

9月の素敵な手紙の書き方。~書き出~

書き出しとは、手紙を書くにあたってのまず最初にかく文面になります。

ご挨拶みたいなものですね。

まず時期に合わせた言葉を使って書いていきます。

個人宛の手紙

「初秋の候、お変わりなくお過ごしでしょうか。」

といったように

「○○の候、お変わりなくお過ごしでしょうか」

「○○の候、いかがお過ごしでしょうか。」

などを相手の様子を伺う言葉と季語を混ぜて書きはじめます。

 

その他にも個人宛の場合には少しだけ親しみやすい書き方をすることもできます。

 

より親しみやすい例文

「ようやく過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。」

「コスモスが秋風に揺れる頃となりました。皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。」

「秋風が肌に心地よい季節となり、お健やかにお過ごしのことと存じます。」

「日増しに秋の深まりを感じるころとなりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。」

「猛暑だった夏が嘘のように、朝夕は肌寒さを感じる季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 」

 

ちょっとした季語を入れることでかたい感じから少し親しみやすくなりましたね。

秋といえば何が思い浮かぶか考えてみてください。

思い浮かんだら例文のように組み立ててみましょう。

ビジネス用の手紙

「初秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

といったように

「○○の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

「○○の候、平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」

季語を使いより丁寧な言葉を使い書き始めます。

 

その他にどんな文を書くといいのか例を挙げてみますね。

 

その他の例文

「秋冷の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。」

「新秋の候、貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。 」

「秋晴の候、ご一同様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」

「孟秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」

ビジネス用は個人宛と違い企業に送るものなので、押さえておくと何かと役に立ちますよ。

9月の素敵な手紙の書き方。~結び~



手紙を書いた最後には必ず結びと言われる結語を書きましょう。

簡単にいうと「またね」っていうことですね。

これも個人宛とビジネス用とで変わってきます。

 

個人宛の手紙

☆例文☆

「残暑なお厳しき折、くれぐれもご自愛ください。」

「新秋の候、どうぞお健やかにお過ごしください。皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。」

「皆様の秋が実り多きものとなりますよう、お祈り申し上げます。」

 

この他にも書き出しにてお伝えした、少し親しみやすい結びもあります。

☆より親しみやすい例文☆

「朝夕はめっきり涼しくなりました。体調には十分ご注意のうえ、ご活躍ください。」

「秋風が肌に心地よい季節となりました。皆様お健やかにお過ごしください。」

「これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでお身体にお気をつけください。」

 

最初の結びより少し柔らかな感じがしますよね。

親しい人への手紙にはこちらの方がいいかもしれません。

ビジネス用の手紙

☆例文☆

「新秋の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」

「社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。」

「ΟΟ様の一層のご活躍をお祈りいたしております。」

 

仕事となるとちょっとかたいぐらいが丁度いいぐらいです。

結びまで失礼のない文章で作り上げましょう。

 

季節の挨拶!9月下旬の季語と例文 まとめ

書き出し・・・手紙を書くにあたってのまず最初にかく文面。

上旬、中旬、下旬の季語がある。

親しみのある人と個人宛と企業宛で書き方が変わる。

 

結び・・・手紙を書いた最後には必ず結びと言われる結語を入れる。

書き出しと同様、個人宛と企業宛で結語が変わる。

個人宛へは主に健康、企業宛は発展、活躍で結ぶ。

 

手紙を書くって簡単なようで難しいですよね。

でも目上の人、仕事の関係などで手紙を書くこともあるかと思います。

ぜひこの機会に手紙の書き方に触れてみてくださいね^^

スポンサーリンク
《rakuten》
《rakuten》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
《rakuten》